オンラインギャンブル・ライセンス発行国に関するまとめ (その1) ( 2009年12月13日 )


オンラインギャンブル・ライセンス発行国に関する情報をまとめてみました。
かつて(2006年くらいまで)はもっと多くの国がライセンスを発行していたはずですが、2009年末の時点での主要ライセンス発行国は下記の11カ国に絞られるようです。

ではとりあえず、EU圏のライセンス発行国からどうぞ。


「イギリス」(UK)

URL:
www.gamblingcommission.gov.uk

ライセンス発行開始:
2005年

ゲーム税:
15%

同ライセンス使用の当サイト推薦カジノ:
Ladbrokes Casino

2006年にオンラインギャンブルが合法化になったイギリスでは「Gambling Commission」がオンラインギャンブルライセンスを管轄しています。他のオフショア国のライセンスと比較すると税率が高いため、近年では多くのイギリス系オペレーターがイギリス以外のライセンスを取得する傾向が見られます。


「マルタ」(Malta)

URL:
www.lga.org.mt

ライセンス発行開始:
2000年

年間ライセンス料:
6988ユーロ

法人税:
35%

ゲーム税:
最高466000ユーロ。ライセンスの種類によって異なる。

同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:
Intercasino
Everest Casino
Spin Palace Casino

イギリスのオンラインギャンブル合法案が施行される際、イギリス政府がが要求する各種の基準を満たすマルタ島に多くのカジノがライセンスを乗り換えた。今日では最も人気のあるライセンス発行国となった感が強い。ライセンスの管理は「LGA」(Lotteries and Gaming Authority)が行う。ライセンスは4種類に分類されており、その有効期間は5年である。

Class 1:
RNGを用いたゲームを運営するオペレーター用のライセンス。

Class 2:
スポーツベットのオペレーター向けのライセンス

Class 3:
広告、プロモーション関連法人向けのライセンス。

Class 4:
ホスティング業者向けのライセンス。


「ジブラルタル」(Gibraltar)

URL:
www.gra.gi

ライセンス発行開始:
1998年

年間ライセンス料:
2000ポンド

法人税:
無し

ゲーム税:
1%

同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:
32Red Online Casino
VCbet

ライセンスの管理は「GRA」(Gibraltar Regulatory Authority Ordinance)が行う。2005年時点でのライセンス発行数は15。


「アンティグア・アンド・バブーダ」(Antigua and Barbuda)

URL:
www.antiguagaming.gov.ag

ライセンス発行開始:

年間ライセンス料:
カジノ・ポーカーライセンス $75,000
スポーツベットライセンス $50,000

法人税:


ゲーム税:


同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:
ボードック

アメリカのオンラインギャンブル禁止法案に対して強固な反対姿勢をとり、同法案により生じた税収減の補填をアメリカおよびWTOに求めるなど、その活発は活動で知られる。2007年には前記した税減収の補填としてWTOから2100万ドルが提供された。ライセンスの管轄は「FSRC Gaming Division」が行う。ライセンスにはカジノおよびポーカー運営者向けのライセンスとスポーツベット運営者向けの2種類が存在する。


「キュラソー」(Curacao Netherland Antilles)

URL:
www.curacao-egaming.com

ライセンス発行開始:
1999年

年間ライセンス料:
67000ドル

法人税:
2%

ゲーム税:
0%

同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:


オンラインギャンブルのライセンスは「Curacao Gaming Control Board」により管理されている。年間のライセンス料は10,000 (ANG)税率は2%。オランダ領アンティル。2010年には完全にオランダの一部となる。


「オルダニー」(Alderney)

URL:
www.gamblingcontrol.org

ライセンス発行開始:
1999年

年間ライセンス料:
£70000

法人税:
0%

同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:
Virgin Casino

ランセンスの管理は「Alderney Gambling Control Commission」が行う。 同ライセンス下ではアメリカ国内在住者からのベットも受け入れることが可能。1つのライセンスでカジノ、ポーカー、スポーツブック、ロトの運営が認められている。2009年4月の時点での発行ライセンス数は42。2009年にはセガの子会社が同島からライセンスを取得している。


「マン島」(Isle of Man)

URL:
www.gov.im/gambling

ライセンス発行開始:
2001年

年間ライセンス料:
35000ポンド

法人税:
0%

ゲーム税:
1.5%

同ライセンスを使用している当サイト推薦カジノ:
PokerStars
Paddy Power

かつてはライセンス発行先のカジノでプレイするプレイヤー保護のために、ライセンス発行の際には200万ドルの委託金を要求していたが、ほかのライセンス発行国との競争にさらされている現在では委託金の金額はかなり抑えられている模様。2009年の時点で同島のライセンスを保持するオペレータの数は16。






コメント

「 オンラインギャンブル・ライセンス発行国に関するまとめ (その1) 」へのコメントはまだありません。

「 オンラインギャンブル・ライセンス発行国に関するまとめ (その1) 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ