チャンピオンズリーグの試合予想 ( 2010年02月13日 )

前回 のアフリカネーションズカップ「カメルーン」対「ザンビア」戦の予想。「ザンビア」の勝利に賭けてみましたが残念(すみません)、カメルーンの順当勝ちとなってしまいました・・・。

心機一転、今度はチャンピオンズリーグの決勝トーナメントに注目してみたいと思います。

決勝トーナメントともなると、昨年の覇者「バルセロナ」を筆頭に「レアル・マドリー」、「セビージャ」といったスペイン勢、「マンチェスター・ユナイテッド」、「チェルシー」、「アーセナル」のイングランド勢、そして「インテル」、「ミラン」のイタリア勢など名実ともに欧州を代表するクラブが勝ち残っています。

そんなビックマッチの中から、今回のターゲットに選んだ試合は16日に行われる「ミラン」対「マンU」です。

スポーツブックの予想では、昨年は決勝まで残った「マンU」有利と見ているようですが、僕は「ミラン」有利と見ます。

試合の鍵になるプレイヤーは、現在「ミラン」に期限付き移籍しているベッカム。彼にとって1993年から2003年までプレーしたマンチェスター・ユナテッドとの対戦は凱旋試合といってもいいほど。ワールドカップメンバー入りへのアピールも含めて、かなり気合を入れて試合に臨むはず。僕としては、サポーターの後押しを受けた「ミラン」の奮闘を期待したいと思います。

現在のオッズは「ミラン」の勝利が2.5倍。
「マンチェスター・ユナイテッド」の勝利が2.62倍。
「引き分け」が3.2倍となっています。

16日と17日には上記の試合の他にも以下の注目の試合が組まれており、サッカーファンは寝不足が続きそうでね。

16日
「Lyon」 vs 「Real Madrid」

17日
「Bayern Munich」 vs 「Fiorentina」
「FC Porto」 vs 「Arsenal」

・・・ということで、スペイン在住のサッカー通、H氏からの試合予想でした。


80Bet365Casino.jpg
ベット365カジノの詳細
ベット365カジノのサイトへ




コメント

「 チャンピオンズリーグの試合予想 」へのコメントはまだありません。

「 チャンピオンズリーグの試合予想 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ