迷走?クラブ東京カジノがボーナス廃止 ( 2008年02月02日 )

ボーナスハンターに痛めつけられたのでしょうか?

Club Tokyo Casino(クラブ東京カジノ)というプレイテックのフィリピンベースのオンラインカジノがありますが、そのクラブ東京カジノがウェブサイトでこんな発表をしています。

この度、私どもクラブ東京カジノは、リアルカジノにより近づけるべく、 他社のオンラインカジノと同じサービスではお客様の満足にお答えできないと判断しました。

そこで、このたび思い切ってリアルカジノ場と同じ仕組みを取り入れることになりました。
リアルタイムで入出金できることがカジノの最も大切なポイントだと考えました。

現状のオンラインカジノはどこも似たり寄ったりで、ボーナスプランがますます複雑になっていくばかりです。複雑でわかりずらいルールなので、はじめてゲームされるお客様にとってはめんどうで入りずらいものになっています。多くのボーナスプランによる、分かりにくい最低掛け金条件、払い戻し手続きの煩わしさをなくすために、ボーナスは廃止させていただきました。
これによりわくわくしたスリルの中でゲームをするというカジノ本来の楽しみである、「一攫千金」の興奮と、「即現金化」の両立を目指します。

よりよいオンラインカジノを作るために考え抜いた結果、突然ではありますが、
思い切ってチャレンジさせていただきました。

今後とも、私どもクラブ東京カジノを宜しくお願い致します。

オンラインカジノファンでは、クラブ東京カジノは開業当初から「評価完了・不掲載決定済みカジノ一覧」に入れてきましたが、ボーナスがわかりづらくて不親切だから取りやめるのだという上の文章はどうも言い訳めいて聞こえます。

登録プレイヤーへのメールでは、以下のようにも書かれています。

カジノゲームはライブゲームを中心に、臨場感のある本場ラスベガス同様のフェアでスリルのあるゲームをお楽しみ頂けます。ゲームを熟知している方もカジノ初心者の方も、勝敗を別けるのはお客様の運次第です。
※ 従来のゲーム内容から大きく変更がございます。

これを見た限りでは、現在のプレイテックのゲームを変更するようにも読めます。

「2月中実装予定!」となっていますが、どう変わるとしても、既存プレイヤーへの支払いおよび既存プレイヤーがすでにもらっているボーナスの保護はきちんとしてもらいたいものです。

関連記事
フジヤマ、ゲイシャ、そして「忍者」も退場 (2008年01月16日)



コメント

ノンスティッキーで高額の100%ボーナスを太っ腹に提供していたのでいつかはこうなると思っていました。
昨年の12月からかなり話題になりましたね。私もめちゃくちゃ勝たせていただきました。ボーナスハンターへの格好の餌にされてしまいましたね。
しかし、今月からの新ルールにはがっかりしました。今後はよっぽどなことが無い限りプレイはしないでしょう。

by K&T : 2008年02月03日
「 迷走?クラブ東京カジノがボーナス廃止 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ