Composition Dependentについて ( 2006年09月20日 )

ブラックジャックのベーシックストラテジーについて、ある方から質問をいただきました。

ボスメディアのシングルデッキブラックジャックでは、ベーシックストラテジー(Total Dependent型)ではなく、Composition Dependent型のストラテジーを使うことで、プレイヤーエッジを0.11%から0.1541%に上げることができるが、マイクロゲーミングのクラシックブラックジャックもシングルデッキなので、同様にハウスエッジを少なくすることができるのではないか。どのようにすればいいのか。

という質問です。

ボスメディアについては、Wizard of Oddsで、詳細に解説されています。

Composition Dependent Basic Strategy for Boss Media Single-Deck Rules
http://wizardofodds.com/software/bossmedia-apx1.html

自分ではどうもよく分からないので、ブラックジャックのことならこの人、ということで、Blackjackinfo.comのケン・スミス氏に早速きいてみました。

答えは、「確かにその通り。Composition Dependent Strategyによって、シングルデッキの場合は特に期待値を上げることができる。ネット上だとWizardの情報がもっとも充実している。完全であるかどうかは言えないが。」ということでした。

ちなみに、「Wizardの情報」というのは、このことです。

Blackjack: Fine points of basic strategy (Appendix 3)
http://wizardofodds.com/blackjack/appendix3.html

また、このページによると、シングルデッキでは、ルールによって少し異なりますが、0.03%以上有利になります。

Blackjack Appendix 15: Total Dependent and Composition Dependent Basic Strategy in Blackjack
http://wizardofodds.com/blackjack/appendix15.html

これらを実践するのはけっこう大変ですが、ケン・スミス氏からは、「長い間プレイを続ければ確実に効いてくる要素だ」と聞きました。

というわけで、トータルディペンデント(Total Dependent)のストラテジーでは満足できない人は、コンポジションディペンデント(Composition Dependent)のストラテジーを実践してみるのもいいのではないでしょうか。



コメント

「 Composition Dependentについて 」へのコメントはまだありません。

ページトップへ