クリプトロジックとボスメディアが米国撤退 ( 2006年10月03日 )

アメリカから撤退するニュースばかりですが、今度はクリプトロジックとボスメディアです。

  • クリプトロジック

    クリプトロジックの全カジノ、全ポーカーがアメリカ人の賭けの受け付けを即時停止するということについては、こちらに記事があります。

    CRYPTOLOGIC TO SCREEN OUT U.S. ONLINE GAMBLERS
    http://online-casinos.com/news/news2977.asp

    まだクリプトロジックのサイトでは正式発表は掲載されていないようです。

  • ボスメディア

    ボスメディアのほうは、公式にサイトで発表しています。

    American ban on Internet gambling payment processing in the United States about to become law
    http://investors.bossmedia.com/index.php?p=press&id=1050800&lang=en

    即時停止ではなく、法案が法律になった際はアメリカ人をブロックするとしています。

オンラインカジノの運営会社が撤退を決めるなら理解できますが、オンラインカジノのソフトウェアを開発・提供する会社がアメリカ在住者にプレイさせないことを決めるというのは一見奇妙です。

でも、クリプトロジックとECashDirect、ボスメディアとWebDollarはそれぞれ一心同体の関係のはずなので、決済を扱うことで本体にもリスクが及ぶ可能性があるということなのかもしれません。

プレイテックやマイクロゲーミング、そしてRTGはどのように反応するのでしょうか。

関連記事



コメント

「 クリプトロジックとボスメディアが米国撤退 」へのコメントはまだありません。

「 クリプトロジックとボスメディアが米国撤退 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ