eCOGRAサーベイに協力してください ( 2006年11月7日 )

協力のお願いです。
eCOGRAでは、数ヶ月前からeCOGRA Global Online Gambler Survey 2006を実施しています。
オンラインカジノとポーカープレイヤーに関する調査(サーベイ)で、英国のノッティンガム・トレント大学と共同で行っているものです。
関連記事
eCOGRAがプレイヤーサーベイ開始へ (2006年07月04日)
eCOGRAのアンケート開始 (2006年09月05日)
eCOGRAとは
上記のオンラインアンケートとは別に、アメリカ、イギリス、日本、カナダ、ドイツ、スウェーデンという特別に選ばれた六ヶ国では、プレイヤー合計200人を対象に、詳しい調査も実施することになっていました。
これが、日本でも始まります。
当初、東京にプレイヤーを集めて大学の研究院が来日して面談する形式で実施することを考えていたようです。
が、結局日本についてはオンラインの特設フォーラムをつかって自由に討議するということになりました。
今回の募集人員は12人です。
eCOGRAがどんなことに興味を持っているのか、何を問題と考えているのか知るチャンスだという気がするので、さっそく私も手をあげるつもりです。
英語でのコミュニケーションになってしまうのが難点ですが、参加者にはささやかな謝礼も出るそうです。
なおフォーラムには匿名で参加できて、来年発表される調査レポートにも個人を特定できるような情報は一切出ません。
「ひとつ協力してやるかな」
とか、
「言いたいことが山ほどあるからオレにも言わせろ!」
とか、
「エリートグループ200人のうちの1人になりたいなあ」
という人は、以下の連絡先へメールで参加の意志を表明してください。
(I would like to participate in the focus group of Japan for eCOGRA Global Online Gambler Survey というような簡単な連絡でいいと思います)
その際、オンラインカジノプレイヤーか、オンラインポーカープレイヤーか、または両方プレイしているかを明記してください。
連絡先: gamblingresearch(あっと)ntu.ac.uk (迷惑メール防止のため、@を「あっと」にしています)