ocf 7:25 am

オンラインカジノの不正対策が新段階へ ( 2007年08月6日 )

この1~2年ほど、オンラインカジノの関係者の口からよく聞くのが、不正が増えているということです。
特に、東欧、ロシア、東南アジアといった地域で不正が多く、盗難カードの使用やハッキングされたアカウントの使用、それに偽身分証の使用によるボーナス詐取など、急激に増えているそうです。
そんな中、Ethocaという比較的新しいネット専門のセキュリティ会社のサービスを、カジノオンネットの888 Holdingsが使用開始するというニュースがありました。
888 Leads Charge Against Fraud Through the Use of Ethoca
これは、不正プレイヤーに関する情報を、Ethocaを通して複数の会社で共有して利用するというものです。Ethocaとは、すでにBodogなどの大手も契約をしていて、サービスを利用しています。
これまで各カジノは、グループ内や同一決済会社内では既に不正情報の共有を行ってきました。グループ以外との共有が進まなかったのは、やはり顧客情報をどこまで外部に提供できるかというプライバシーの面と、あとは経営上の企業秘密という部分が大きかったと思います。
これが、グループやソフトウェアや決済会社の垣根を越えて、もっと大きな規模で共有されることになります。四の五の言っていられないほど、不正が広がってきたということでしょう。
Ethocaに限らず、今後はこういう複数プラットフォームをまたいだ形での不正情報共有が進むはずです。
その結果、不正が減ってカジノ側のコストが下がって、まともな一般プレイヤーへ振り向けるお金と時間が増えることを望みたいと思います。
カジノオンネットについて



Comments are closed.

コメント

「オンラインカジノの不正対策が新段階へ」へのコメントはまだありません。

「オンラインカジノの不正対策が新段階へ」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)