株よりポーカーに精をだすウォール街のディーラーが続出中 ( 2009年07月14日 )

金融不況が長期化するウォール街では仕事を失った証券ディーラーや先行きに悲観的な市場に失望した投資家がポーカープレイヤーに転職、鞍替えするケースが増えているそうです。

かつてはリーマン・ブラザーズで年収2000万円以上稼いでいたビニー・パフジャもそのケース。彼はもともと ギャンブル好きなこともあったのですが、今ではポーカーに専念。結果、去年の年収は6000万円にまで跳ね上がり、「カード・プレイヤー」誌の年間プレイヤー10位にランクインされています。

彼をはじめ、多くの元株式ディーラーで現ポーカープロが「金融市場とポーカーには、確率論、心理学、ハッタリ、読みなど多くの共通点がある」とコメントしています。

この荒波の中でも、バリバリ利益を出しているデイトレーダーの方がいらっしゃったら、オンラインポーカーでさらに一儲けを狙ってみてもよいのでは?


引き続き圧倒的な人気を誇るエベレストポーカーですが、早いもので5周年。ということで5つの豪華プロモが行われています。興味のある方はこの機会をお見逃しなく。



everest_80.jpg
エベレストポーカ



コメント

「 株よりポーカーに精をだすウォール街のディーラーが続出中 」へのコメントはまだありません。

「 株よりポーカーに精をだすウォール街のディーラーが続出中 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ