EveryWhereMoneyの使い方マニュアル

EveryWhereMoneyは日本からの登録受付を停止しています。現在は一部のヨーロッパ諸国のみを対象に営業しています。

2008年6月24日更新 第3版
EveryWhereMoneyカード

お知らせ

EveryWhereMoneyの仕様や手数料などは変更されることがあります。このマニュアルはその都度更新していますが、そうした更新情報はニュースレターでお知らせしています。購読をおすすめします。購読の無料登録はニュースレターの案内ページにて。


説明

ここのところ、NETellerで入金に使用できないクレジットカードが増えてきてしまいました。以前はたいていのカードは使えたものですが、現在、多くのクレジットカードが使えません。

手元のカードが使えなければ、NETellerに電信送金すればいいのですが、これは手数料も高く手間もかかるのであまり実行する人はいないのかもしれません。

でも、NETellerの便利さを体験すると、NETellerなしでオンラインカジノで遊ぶのは面倒に感じるはずです。

そういう人に最適なのが、EveryWhereMoneyです。ルクセンブルグの銀行のサービスです。

NETellerと同様な機能をもっていて、クレジットカードで入金して、独自のカード(上写真のカードです)で現金をおろせます。

そして、このカードは現金をおろすだけでなく、VISA Electronのマークのあるお店でショッピングにも使えます。

いまのところ、クレジットカードでの入金手数料はNETellerよりも安くて、2.5%です。

ちなみに、このEveryWhereMoneyは残念ながら誰でも入手できるわけではありません。

私自身はマイクロゲーミング系の某カジノから、ある日突然「EveryWhereMoneyカードを使いませんか」というお誘いを受けました。ある程度の金額を賭け続けていると声がかかるようです。

なお、カジノAから招待をうけてEveryWhereMoneyが使えるようになったからといって、同じカードが別のカジノBで使えるとは限りません。別途カジノBに対して「自分のEveryWhereMoneyは使えるか?」と打診して、許可をもらうことになります。もしカジノBであまり賭けていないと断られることもあるようです。

手数料

手数料は、上述の通り、クレジットカードの入金時に2.5%の手数料がかかります。$100を入金すると、$2.5の手数料をとられます。

それと、郵便局のATMなどで現金を引き出すときに、1回につき$3.5の手数料がかかります。

それでは、申請の方法から説明します。

申請の手順

まず、カジノから招待された人は、そのカジノのキャッシャー(Banking)の購入(Purchase)の画面で、EveryWhereMoneyを選びます。
(もしカジノからEveryWhereMoneyへの招待を受けていなければ、ここで"Sorry, invitation only"と表示されます)

Sign Up Nowをクリックします。

Date of birthのところに、月2桁/日2桁/年4桁で入力します。

Registerをクリックします。

しばらく待つと、登録画面になります(ここでかならずクッキーを有効にしておいてください)。

Title: Miss、Mr.、Mrs,から選択してください。

Last Name : 姓を英字半角で入力します。カジノで使っているローマ字表記(パスポートなど身分証明に記載のローマ字表記)と必ず同じにしてください。
(参考: ローマ字の書き方)

First Name : 下の名前を半角英字で入力します。

Address (line 1): 住所のうち、市町村名より下の部分を英字半角で入力してください。
(参考: 住所の英文表記の方法)

Address (line 2): 上に書ききれない場合にここを使います。

City : 市町村名を英字半角で入力してください。

ZIP : 郵便番号をハイフンなしで続けて入力してください。

State : 都道府県名を半角英数字で入力してください。

Phone number: 自宅の電話番号です。(例 03-1234-5678の場合、81312345678)

Country : 国名を選択してください。

Language: 言語を選択してください。

Password: 自分でパスワードを決めて入力してください。

Password again: 上と同じパスワードを確認のため入力してください。

E-mail : メールアドレスを入力します。

Birthdate: これは先ほど入力したものが既に入っているはずです。

Birth City: 生まれた場所(市町村名)を入れてください。

ID Number: パスポート番号か運転免許証番号を入力してください。

ID Number Type: 上でパスポート番号を入れた場合は、Passportを、運転免許証番号を入力した場合は、Driving Licenceを選択してください。

Accept general terms and conditionsの左のボックスをチェックしてください。

Submitを押します。

うまくいくと、Congraturation! Your EveryWhereMoney card number is 1234123412345という感じでカード番号が表示されます。重要な番号なのでメモしてください。

カード申請書類送付

プリンターが接続されていることを確認して、Printマークをクリックします。申請フォーム(Application Form)が印刷されます。(もしこの段階でプリンターが接続されていない場合、後日ログインしてからメニュからPrint the Application formを選べば印刷できます)

このフォームに日付を書き(例: 2004年3月14日なら、March 14, 2004)、自分のサインをして、指定の住所に郵送します。そのときにID Number Typeで指定したものと同じ書類(パスポートか運転免許証)のコピーを同封します。

普通のエアメールでもいいですが、きちんと到着がチェックできる郵便局のEMSのほうがいいかもしれません。またはファックスでも受け付けているので、フォームと書類を+352-27-751-272にファックスしてください。

なお、これらの書類は3週間以内に到着しないと申請は無効になってしまうので気をつけてください。

入金

カードの申請は関係なく、実はすぐにEveryWhereMoneyの機能を使うことができます。入金してみましょう。

画面にAre you ready to load your card now? (いますぐに入金しますか)と出ているところのClick hereをクリックします。画面がかわります。

EM Card Number: 先ほどのカード番号を入れます。
Password: 先ほど自分で設定したパスワードを入れます。
Birthdate: Monthのところに数字で誕生日の月をいれます。Dayのところには誕生日の日を入れます。

Submitを押します。これでログイン完了です。

Reload your card now!を選びます。

クレジットカードを用意してください。

EM Card Number: 先ほどのEveryWhereMoneyカード番号を入れます。

Credit Card Number: 自分のクレジットカード番号を入れます。

Card Verification Value: いわゆるCVV2番号を入れます。クレジットカード裏面のサイン欄に書いているクレジットカード番号の右側にある通常3桁の数字です。

Expiration date: 有効期限です。MonthとYearを選択します。

Amount (to be loaded): 入金する金額を米ドルで入力します。(例: 1000)

Submitを押すと、手数料(2.5%)込みの金額が表示されるので、I acceptのチェックをして、Acceptボタンを押します。

すると、Payment Successfulと表示されて完了です。残高も表示されます。

メインメニューに戻るには、左の上のほうのカギ(錠前)のマークをクリックします。

カジノで使うには

カジノで使用するには、カジノのBankingの購入画面で、EveryWhereMoneyを選択します。

EMカード番号を入れて、金額を選択して、Nextを押し、確認したらFinishを押します。

別画面でPayment confirmationが出てきますので、EveryWhereMoneyのパスワードを入れて、Submitを押します。

うまくいくと、Congratulations Payment successfulなどと表示されます。

その画面を閉じると、カジノのBankingに戻ります。カジノ側でも確認されて、カジノでの購入が完了します。

カジノでの引き出し

カジノでの引き出しは普通に引き出しをするだけです。EveryWhereMoneyのアカウントに払い戻されます。

カード到着とアクティベーション

カードは、審査完了後、3週間程度で郵送で届きます。

届いたら、まずカードの裏面に自分のサインをしてください。

次にActivation(アクティベーション)をします。これをしないとカードは使えるようになりません。

このサイトを開きます。
(https://www.everywheremoney.com/activation)

13桁のEveryWhereMoneyカード番号を入れます。

同封されている手紙にあるボックス内に書かれている6桁の文字(Activation Key)を入れます。

パスワードを入れます。Submitを押します。

すると、Congratulations. You have successfully activated your EveryWhereMoney Card!と表示され、アクティベーションは完了です。晴れてカードが使えるようになりました。

カードの使い方

カードと一緒に入っていた暗証番号の紙を開けて、4桁の暗証番号を覚えます。カードと一緒に保管しないようにしてください。

EveryWhereMoneyにログインして、自分のアカウントにお金が入っていることを確認したら、郵便局やシティバンクのATMに現金引き出しに行きましょう(すべての郵便局でおろせるわけではありません。外国発行のカードが使えるものを選んでください)。

カードを入れて、与えられた暗証番号を使って、普通にお金をおろすだけです。

海外発行のカードなので、郵便局の場合、「その他の金融機関」ではなく、単純に「預金引き出し」を選んでください。シティバンクなどの場合、預金の種類を選ぶことがありますが、そのときは「当座預金」を選択してください。簡単です。くれぐれも暗証番号の管理には気をつけてください。

なお日本国外のATMで引き出す場合には、カードの種類を選択するところで、"Check"を選んでください。"Check"がない場合は、Cash CardまたはDebit Cardを選んでください。

米ドルから日本円への換算レートは銀行よりも2%程度悪いようですが、これはPaySparkでもNETellerデビットカードでも、または海外発行のクレジットカードでも、現金で引き出す場合は標準的なチャージのようです。

ページトップへ