セリエA 第10節 今シーズンでの退団を発表したレジェンドを観る ( 2011年10月28日 )

サッカーオタクによる、ちょっとだけわかりやすい勝利予想、第4回。
今回も...と、さっそく参りたいところですが、イタリアのセリエAからビッグニュースが届きました。


ビアンコローネ(イタリア語で「白と黒」)と形容される世界のスーパービッグチーム、ユヴェントス在籍のアレッサンドロ・デルピエロが今シーズンでチームを退団することを発表しました。

理由は定かではないのですが、「年齢」と考えるのが妥当でしょう。若々しいプレーを魅せ続ける彼ももう37歳。同世代の選手はもうほとんどいません。
古巣(パドヴァ)復帰、他チーム・リーグでの活動、あるいは引退など、退団後の動向に世界中が注目しています。

イタリアが生んだ稀代のファンタジスタ。親日派としても知られているので、日本でのプレーも...、あるかもしれませんね。


さて、今回はそんなビッグニュースが飛び出たセリエAより、「第10節 ユヴェントス-インテル」を予想したいと思います!

デルピエロの退団も理由のひとつですが、そうでなくてもイタリアダービー。これを逃していては、オタクを名乗れませんからね。もう今からとても楽しみです。


と、そのまえに、今回もまずは前回の結果から。

思いっきりはずしてしまいました。まことにすいません。途中、怪しい判定などもありましたが、まさかリヴァプールがあそこまで躍動するとは。
ジェラードのフリーキックが決まったあの瞬間。まるで生きた心地がしませんでした。割れた壁から流れ込んだ、けしてきれいなゴールではなかったのですが、復帰試合を自ら飾るあたりが一流選手。さすがリヴァプールのキャプテンです。
しかし、そこは前シーズンの王者。81分にエルナンデスが押し込みなんとか同点。これにより結果はドローとなり、リヴァプールは連勝がストップ、マンチェスター.Uは7戦無敗となりました。

試合後、リヴァプールがホームにマンチェスター.Uを迎えた場合、過去3試合はすべて勝っていたことを思い出し、さらに頭を抱えたことは恥ずかしくて言えません。



では、気を取り直して今日の予想に参りたいと思います。
10/30日のセリエA 第10節 「ユヴェントス-インテル」

いうまでもないくらいに人気の、世界を代表する両クラブですね。どちらも一流の選手が在籍し、優勝回数も飛びぬけた数。だれでも1度は耳にしたことがある、そんなクラブ同士のゲームを取り上げさせていただきました。



では今回も、予想する2チームについて、ちょっとだけ。

まず、今回ホームのユヴェントス。歴史は100年、勝ち取ったタイトルは40以上。白と黒の縦じまがチームカラーの、あの名門です。2005年のカルチョ・スキャンダル(クラブによる審判等の買収行為)により低迷しましたが、そこはユヴェントス。スキャンダルの制裁としてセリエBに降格となるも、1年でセリエA復帰。デルピエロが得点王を獲得するなど、あっというまに息を吹き返しました。ここ2シーズンこそズドンと落ち込みましたが、今シーズンはACミランを退団したアンドレア・ピルロを獲得。上昇が期待されます。
チームのキーはやはりデルピエロ。近年では途中出場や交代が多いのですが、そこは世界最高のファンタジスタ。繊細なプレーと日本的な「諦めない精神」でユヴェントスへ貢献しています。今回の試合では出場するかどうかもわからないのですが、「今シーズンでの退団」を思うと、やはり活躍を観たいですね。

ついで、ここ数シーズンあきれるくらいに強い、インテル。こちらも世界では昔からスーパークラブです。リーグでは05-06から09-10シーズンまで5連覇を達成。前シーズンは2位でしたが、まぁとにかく強い。最近では長友選手が日本人としてはじめて移籍したことでも話題になりました。ただ、今シーズンは10/25日時点で7戦して4敗と、「どうしたインテル!」といった状態。エトー放出や監督不信はかなりの痛手となっているようで、「急落」も現実味を帯びてきました。
そんなインテルで注目したいのはやはり長友選手。このところ調子がよかったり悪かったりとやや安定に欠けますが、コミュニケーションは完璧ですし、プレーも申し分なし。とにかくスタミナのある選手ですから監督としても使いやすい。デルピエロとの1対1が早く観たくてたまりません!


さて、そんな第10節。私の予想は「ユヴェントス1-0インテル」、です!


単純に戦力だけを比較するとインテル>ユヴェントスです。

が!

今シーズン、インテルはここまで(25日時点)アウェーで4戦3敗。アウェーを苦手としているんです。加えて監督不信やケガ人続出と、とにかくいいニュースが皆無。はっきり「不調」といえる状態でのアウェー戦、勝てると思います?

もちろん戦力はありますから、調子さえ戻せば勝てるでしょうし、順位も急上昇するはず。しかし、ここまでリズムを崩したら立て直すのは大仕事。26日のアタランタ戦次第ではこのままずるずると...、というのもあり得えます。

ウイリアムヒル現在のオッズは
ユヴェントス勝利 2.40倍
ドロー 3.10倍
インテル勝利 3.10倍
「ユヴェントス1-0インテル」 8.5倍
オッズはこちらから

やはり、インテルの不調が気になっている様子。しかし、ドローとユヴェントス勝利の差がここまで開くとはちょっと予想外です。単純なチーム力以上に、現在の異常なインテルの不調が気になるようですね。また、点差の予想はとても難しいです。というのも25日時点で前シーズンまでのインテルからは考えられない9得点・13失点という驚きの状態(ちなみにユヴェントスは11得点・5失点)。もしかすると3-0、3-1といった意外な点差もつくかもしれません。


2005年のカルチョ・スキャンダル以降、両クラブの明暗ははっきり分かれました。しかし、今シーズンのインテルはなにかおかしい。去年までのままなら、「インテル勝利で決まり!」だったのですが、今回のイタリアダービーは面白くなりそうですよ!


はずれても怒らないでね!!




さて、最後まで読んでいただいたお礼、ではないですが、冒頭で取り上げたデルピエロの心温まる話を少し。

イタリアのサッカー選手には親日派が多いのですが、そのなかでも有名なのがデルピエロ。なんと日本のプロレスの大ファンで、プロレス番組に出演したこともあるのです。これが本当に好きなようで、プロレス技をかけられて喜ぶわ、プレゼントされた「虎のマスク」で空港に現れるわと少年のよう。まさに親日派もとい、「新日」派なのです。

さて、そんな愛すべきデルピエロ。今年3月の震災の際には、「友」と書かれたオリジナルTシャツを販売。売上金など2340万円を寄付すると発表しました。実は、2002年W杯時、イタリア代表は仙台に滞在。当時、デルピエロもそこにいました。今年の震災の中心となった場所ですから、感慨深いものがあったのだと思います。素直に、ありがたいですね。

ほかにもこんなデルピエロ
・日本のTVゲーム大好き(ゲーム雑誌の表紙にも)
・日本の某バラエティ番組大好き
・日本のアニメ大好き
・プロレス番組に出演時、同席したアナウンサーを押しのけて「ぼくに技をかけてよ!」
・夫婦で日本茶大好き

なんでしょう、可愛いですね。

ちなみにドイツW杯時のイタリア代表にはとにかく日本好きが多く、その理由がまた面白いんです。
フランチェスコ・トッティ
・日本のサッカーゲームが大好き(ライバルはガットゥーゾ)
・試合に上記サッカーゲームのテクニックを披露し怒られる
・日本を代表するサッカー漫画大好き(漫画中の必殺シュートを練習して骨折とのうわさも)

ファビオ・カンナバーロ
・某怪盗三世アニメ大好き(とくに女性キャラ)
・2002W杯中、そのうわさを聞きつけたファンがキャラのフィギュアを持って殺到

フィリポ・インザーギ
・日本の某リアルロボットアニメ大好き
・また、別のロボットアニメ最終回がトラウマに

アレッサンドロ・ネスタ
・ゲームのしすぎで指を痛め、試合を欠場

などなど、なんとも面白い話です。やはり某サッカー漫画は各国で人気なようで、調べると面白い事実を知ることができますよ!



では、少し長くなりましたが今回はこのへんで。

改めまして、はずれても怒らないでね!




ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法




コメント

「 セリエA 第10節 今シーズンでの退団を発表したレジェンドを観る 」へのコメントはまだありません。

「 セリエA 第10節 今シーズンでの退団を発表したレジェンドを観る 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ