ocf 9:55 am

FreeSlots.comは金欠プレイヤーの救世主? ( 2008年03月31日 )

FreeSlots.comというオンラインスロットのサイトがあります。
FreeSlots.com
このフリースロッツドットコムは、アメリカのギャンブル系サイトの中でアクセス数で1位、2位といった感じで常に上位になっています。
FreeSlotsをついにチェック
これまで存在は知っていたものの、「ただより高いものはない」と考えて、一切チェックしたことはありませんでした。
が、NETELLERの残高が極小となり、カジノからの出金待ちになってしまった週末、FreeSlotsのことを思い出してチェックしてみました。
FreeSlots.comの仕組み
FreeSlotsのコンセプトは明快です。

  • スロット、ビデオスロット、ビデオポーカーが30種類以上揃っていて無料で遊べる。
  • キャッシュアウトすると、アカウント残高が増えて、そのうち100クレジットを投じると月に1回の抽選にエントリーできる。エントリー数の上限は1日に10。
  • 抽選に参加するにはアカウントを開く必要がある。名前、住所、メールアドレスなどを登録。
  • 抽選(Sweepstakes)は、アメリカ用とその他用(International)に分かれている。
  • 抽選の賞金は500ドルが5本、250ドルが10本。

うまい話には・・・・
これだけ見ると、欠点はなさそうですが、無料で賞金を支払うからには何か裏があると思い、規約を読んでみると「個人情報は他社に提供されることがある。」という項目が内容がありました。
私の経験から言うと、この手の項目があると、際限のない大量の宣伝メールが届くことになります。
なので、参加するとしても、メインのメールアドレスを使用するのは止めたほうがいいでしょう。と言っても、当選通知にすぐに反応しないと当選は無効になってしまうという条項もあるので、悩ましいところです。
というわけで、FreeSlots.comは、スパム風の宣伝メールを読むのが好きだという人以外にはあまり勧められない感じのサイトではあります。
(宣伝メールはopt-out(解除)できるという条項もありますが、一度の解除で全てが止まるのか、それとも無限の転売先からのメールをひとつひとつ解除しないといけないのかは不明です。おそらく後者でしょう)
日本からの参加者は
ちなみに、抽選の当選者リストを見ると、2007年3月にアメリカ以外に抽選が開放されて以来、日本の人は一度も当選していないようです。
無料でスロットで遊んで景品が狙えるというサービスだと日本には楽天プライズがありますが、せめて楽天プライズのスロットがこのくらい沢山になればいいなあと思います。
関連記事
楽天プライズにルーレット登場 (2006年06月09日)
楽天プライズもオンラインカジノ並みに? (2005年11月15日)
楽天プライズ攻略? | 無料オンラインスロット (2005年10月15日)



Comments are closed.

コメント

「FreeSlots.comは金欠プレイヤーの救世主?」へのコメントはまだありません。

「FreeSlots.comは金欠プレイヤーの救世主?」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)