カルメンメディアとグランドバーチャルの関係 ( 2007年01月05日 )

カルメンメディアグループといえば、昨年トライデントグループ(キングネプチューンカジノ)との統合を発表しましたが、オンラインカジノの世界で最大級のグループです。

ゲーミングクラブジャパンやベルロックの各ブランドを擁しています。

そのカルメンメディア(Carmen Media)の名前がニュースに出ていました。

GigaMedia signs Asian MahJong deals
http://www.ateonline.co.uk/60/59/63/articles/10053.php

これによると、カルメンメディアは、台湾のGigaMedia社から、麻雀を含むアジア系ゲームを使用する権利を取得したということです。

実際に賭けられるようになるということで、そのうち同グループのオンラインカジノにそういうゲームも搭載されるのかもしれません。

さらに詳しいメディア向け発表(こちら)等をみると、GigaMedia(ギガメディア)は、World Series of Mah-Jong (麻雀世界選手権大会)のスポンサーになったり、Yahooと提携したり、活発に活動しているようですね。

ギガメディアといえば、インペリアルカジノやエベレストポーカーで知られるグランドバーチャルの親会社でもあります。

ということで、グランドバーチャルのカジノにも面白い麻雀ゲームが追加される日も遠くないかもしれません。

アメリカの禁止法の影響かもしれませんが、今年はこういうアジア向けの動きが活発化しそうです。



コメント

「 カルメンメディアとグランドバーチャルの関係 」へのコメントはまだありません。

「 カルメンメディアとグランドバーチャルの関係 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ