Gold Rally ゴールドラリー

ゴールドラリー
言わずと知れたプレイテックのプログレッシブスロットです。

プログレの殿堂にあるように、以下のように日本人プレイヤーが3回も大きなジャックポットをこれまでに当てています。

  • $971,465.53 クラブダイスカジノ (2004年10月)
  • $489,753.53 ジパングカジノ (2005年8月)
  • $237,981.00 カーニバルカジノ (2005年2月)
2004年10月の1億円超えのときは人気週刊誌FLASHでも詳しく写真入りで報道されました。覚えている人も多いでしょう。

キュルキュル(キコキコ?)というサウンドが潜在意識に入り込んでくるようなこのゴールドラリーは、1コイン$2、マックスベットで$16と、比較的高予算の人を対象にしたスロットです。

天秤がスキャターシンボルになっていて、これが9つ出るとジャックポットです。5つや6つくらいなら結構頻繁に出るので、いちいちドキドキしてしまいます。

他にも四つ角にダイナマイトが揃うと行けるボーナスステージもあって、一粒で二度美味しいという感じです。ボーナスステージでは行き先を選ぶと、それに従ってボーナスがもらえるのですが、これを何度か繰り返すことができます(一度で終わりのときもあります)。

他にもちょろちょろと子役が出るのですが、子役といっても1スピン$16のスロットですからそれが数百ドルになります。なんだかんだで長い間遊べるという印象です。

ゴールドラリーは、夢を見たい人には最適のスロットでしょう。


このゲームが遊べるところ
FUN88(ファンハチハチ)でOCF限定ボーナスがスタート!
FUN88(ファンハチハチ) 徹底レビューと解説
カジノの秋スタート! ジパングカジノ9月後半のプロモーション

コメント

BTLさん、書き込みありがとうございます。

確かにいろいろな意味で「とんでもないことになる」スロットですね、ゴールドラリーは(笑)

様子見ができないというのも欠点なようでいて、これがあるからジャックポット額がどんどん上がっていくわけで、なかなか難しいところです。

ボーナスゲームは出るときは割りと出る気がします。短時間に3回出たこともありますし、1時間続けても出ないときもあります。ただ、狙いはそちらではありませんよね。

by ocf : 2005年08月26日

惨敗を味わわせてくれたスロットでもあり、スロット好きとなるきっかけとなったスロットです。夢中でクリックし、気がつけば0$…

ocfさんの記述通りに子役がチョロチョロ来て長持ちするのですが、これがゴールドラリーの恐ろしさでずっとプレイし続けると、とんでもないことになる事が多いのです

色々なサイトでゴールドラリーのプレイ日記が書かれていますが、大勝か大負のどちらかしか書かれていません。両極端しかない恐ろしいスロットでもありますね。

様子見BETもこのスロットには通用しません。(やってもローリスクノーリターンになるだけです)できる事はジャックポットが来るよう願うだけです(笑)

ボーナスゲームの移行確率はかなり低いと思われます。(ストリークが激しいだけかもしれませんが)私は未だにボーナスステージを見た事がありません。

「攻略の糸口が無さそうなスロットはプレイを避ける」が私のモットーですが、1億円に近づくとプレイしてしまうのはきっと私だけでは無いと思いたいです。

金額面を度外視すればプログレッシブスロットの中でトップクラスの面白さを誇ると思います。

by BTL : 2005年08月25日
「 Gold Rally ゴールドラリー 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ