ルーレットのグレートスクエアシステム

2回目は、Great Square Systemです。

追い上げ(プログレッション)ではない手法で、こんなものです。

  • まず、ルーレットで賭けずに24回空スピンをする。

  • その際、すべての番号を記録する。

  • 24回のうち、2回出た番号をピックアップする。(2回以上ではなく2回だけ出現した番号)

  • 基本的には、その2回出た番号すべてにストレートベットで賭ける。

  • ただし、2回出現した数字の数によって、賭け続ける回数が決まる。

    以下の通りとする。

    数字が3つ未満の場合は賭けない。見送り。
    3つの場合は12回賭ける。
    4つの場合は9回賭ける。
    5つの場合は7回賭ける。
    6つの場合は6回賭ける。
    7つの場合は5回賭ける。
    8回以上の場合は賭けずに見送る。

  • 上の通りに賭けて、いずれかの数字が当たった場合、当たった数字を除いて、他の数字すべてに賭ける(セカンドチャンス)。

    セカンドチャンスで賭ける回数は、以下のルールによる。
    (X回とは、当たるまでの間にスピンした回数)

    最初から賭ける数字が3つの場合はセカンドチャンスは無しで終了。
    最初から賭ける数字が4つの場合は12回マイナスX回賭ける。
    最初から賭ける数字が5つの場合は9回マイナスX回賭ける。
    最初から賭ける数字が6つの場合は7回マイナスX回賭ける。
    最初から賭ける数字が7つの場合は6回マイナスX回賭ける。
    最初から賭ける数字が8回以上の場合は賭けずに見送る。

    セカンドチャンスで当てたら終了。

  • 指定回数賭けても当たらない場合は、いちばん最初からやり直し。

  • 実践の例

    最初に24回の空スピンをし、以下の数字が出たとする。
    3,6,14,2,27,20,4,2,17,6,11,31,20,34,1,31,13,25,3,17,31,5,5,7
     
    2、3、5、6、17、20がそれぞれ2回出現したので、これに賭ける。賭ける回数は上のルールに従い、賭ける数字が6つなので6回。

    賭けはじめて15、20と出たとすると、20が出たので当たり。

    セカンドチャンスは当たった20を除いて、残る2、3、5、6、17に賭ける。賭ける回数は、上記ルールにより7回マイナス2回 (もともと7回の予定で、当たるまで2回まわしたから)で、5回。

    以降、18、15、17と出て17が当たり。ここでセッション終わり。

  • 数字あたりの賭ける金額は一定として、セッション途中で変えない。

  • 推奨予算(バンクロール)は152ユニット。 (1ユニット2ドルの場合、304ドル)

というわけで、最初に24回記録しないといけないのが面倒ですが、2回出た数字はまた出やすいという、なんとなく本当っぽくも感じられる観測に基づいたシステムです。

なお、ソフトによっては、リアルモード中であっても、賭けずに空スピンをした場合はカジノサーバーに接続されずにPC側で完結してしまう似非空スピンもあります。

こうしたソフト(マイクロゲーミング等)ではあまり意味のないシステムなので、プレイテックやラドブロークスのライブディーラーのルーレットのように、実際に回しているルーレットで試したほうがいいかもしれません。(賭けずにずっと座っていると追い出されることもあるので注意)

ルーレットについて

コメント

「 ルーレットのグレートスクエアシステム 」へのコメントはまだありません。

「 ルーレットのグレートスクエアシステム 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ