ハワイにもカジノ建設の動きが? ( 2010年04月07日 )

人口は120万人のハワイにあって、ハワイからラスベガスへの渡航者は年間で15万人もいるそうです。

ハワイは8つの島によって構成されているのですが、ラスベガスを頻繁に訪れるハワイアン達はラスベガスのことを「9番目の島」と呼んでいるそうで、週末を9番目の島で過ごす住民は結構な数になるようです。

彼らがラスベガスで落とす金額も年間100億円をくだらないと推測されており、観光客減少の解消にもなるので「いっそのことハワイでカジノを合法化してしまおう」という動きが水面下で湧き上がっているようです。

もともと日本人に人気の観光地であるハワイ。日本語も通じるし、宿泊施設やカジノ以外の娯楽施設も充実しているので、日本人ギャンブラーには絶好のカジノとなりえるのではないでしょうか?

「スパムむすび」(知ってます?)を片手にブラックジャックとかしてみたいですね。




コメント

「 ハワイにもカジノ建設の動きが? 」へのコメントはまだありません。

「 ハワイにもカジノ建設の動きが? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ