インペリアルカジノ 徹底レビューと解説

インペリアルカジノ
imperial_front.jpg

OCFアワード2010年金賞受賞

運営元: BETCLICK
ソフトウェア プレイテック
ライセンス: マルタ
運営開始: 1997年



2013年1月23日をもってインペリアルカジノはプレイテックソフトウェアに移行しました。詳細、またこのレビューのアップデートを近日中に行います。

【日本人プレイヤーに10年以上も親しまれてきた親日派カジノ】
インペリアルカジノは1997年から運営されている、オンラインカジノとしては最古の部類に入る老舗中の老舗カジノです。

1998年、業界では最も早い段階で完全日本語化を行っており、それ以来多くの日本人プレイヤーにとっての「入門カジノ」的な役割を果たしてきました。

世界的なカジノながら、日本人プレイヤーを最も重要視しており、毎月の様々なキャンペーンに加えて日本人向けのプロモーションを頻繁に行っています。登録すると、メールでもプレーヤーのレベルに合わせたボーナスを送ってくれます。

【すべてが日本語で安心】
ウェブサイト、ゲームソフト、サポート、決済画面など、すべてが日本語に対応しています。英語がダメな人でも問題なく遊べるというのも、インペリアルカジノが入門カジノとして人気がある理由のひとつでしょう。

サポートは、24時間ライブチャットや電話はありませんが、かなり親切で好評のようです。実際には問題が起こることはほとんどないので、サポートが必要となることもあまりないでしょう。

【クレジットカードによる入金が可能】
昨今のオンラインカジノではクレジットカードによる入金が困難ですが、インペリアルカジノでは今でも多くのクレジットカード(Visa、Master、JCB) が使用可能なようです。他のカジノでクレジットカードがはじかれた人は試してみる価値はあるでしょう。もちろん、ネッテラーやMoneyBookers などの大手決済業者にも対応しています。

【ちょっと古風な感じが漂うソフトウェアによるレトロなプレイ感】
オンラインカジノ黎明期の「懐かしい雰囲気」を頑なに継承したグラフィックとサウンドが生み出すレトロなプレイ感は他のカジノではまねできません。最近ではかなり改善されてきましたが、それでもアクの強さは健在です。プレイテックやマイクロゲーミングのゲームしかプレイしたことがない人には新鮮に映ることでしょう。

【その他】
運営元はNASDAQに上場している台湾の企業GigaMedia社です。スロットゲームはラスベガスなどのスロットマシンの公平性を検定しているTSTにより審査されています。カジノライセンスも信頼のマルタライセンスを保持してり、信頼性においても抜群です。


オンラインカジノに慣れていない人のために、インペリアルカジノの遊び方マニュアルを用意しましたので参照してください。

初回ボーナス 初回入金に対し100%ボーナス(最大ボーナス額$200)
条件: ボーナスの引き出し前に、入金額とボーナスの合計額の15倍の金額を賭ける必要あり。ボーナスそのものは引き出すことはできない。
除外ゲーム: インペリアルカジノのウェブサイト参照
Flash版 なし
決済会社 IBS (ask-ibs.com)
最低入金額 クレジットカードの場合は$5 (JCBは最低$25)、NETellerなど代替手段の場合は$20
最大入金額 1日に$1,200(クレジットカード)または$2,500 (代替手段)
入金手段 クレジットカード、NETellerMoneybookersClick2Payi-BANQ
引き出し手段 小切手、NETellerMoneybookersClick2Payi-BANQ
日本語 あり
最大ベット バカラ$100、BJ$150、クラップス$100、ルーレット$1,000(アウトサイド)、$100(インサイド)、$25,000(テーブルリミット)
ダウンロードサイズ 144KB +α
サポート メール
コンプ 定率のものはなし。




インペリアルカジノの詳細
インペリアルカジノへアクセス
インペリアルカジノ登録方法 ダウンロード版
インペリアルカジノ登録方法 フラッシュ版
インペリアルカジノ OCF限定ボーナス


ページトップへ