ocf 11:36 am

インターカジノの幹部に動き ( 2008年09月10日 )

インターカジノを運営している会社があるのですが、その会社のCEOトップが今度パーティーゲーミングのCEOCMO(=Chief Marketing Officer)として移るというニュースがありました。
パーティーゲーミングというのは、パーティーカジノやパーティーポーカーを運営する上場企業です。
彼とは私も何度か会ったことがあるのですが、8年間今のポジションでインターカジノの運営に関わってきた人で、インターカジノを代表的な優良オンラインカジノとして維持・発展させてきた原動力です。
なので、彼が他へ移るという話を聞いて、彼にとっては良いことだと思いながらも、ふとインターカジノはどうなってしまうのかと少し気になりました。
実は他の幹部も移ったという話もあるのですが、二人とも日本向けには熱心に取り組んでくれていたので、その意味では日本にそれほど熱心でない人たちにかわってしまうと、日本向けのソフトウェア更新やプロモーションの実施に影響がある可能性もあります。
そのようなことがないように強く期待したいところです。幸い当面大きな変更があるという話はなさそうですが、期待とともに注視していきましょう。
ちなみにご承知の通り、この運営会社はVIPカジノとプレイボーイカジノも一緒に運営しています。
あとはこの優れた新CEOCMOの元でパーティー系のサイトがサービス品質をより向上させることも一緒に期待したいものです。
インターカジノについて
9月11日追記
本件についてインターカジノのスポークスパーソンから以下のようなコメントを得ました。(翻訳は当サイト)
「インターカジノはこれまで以上に日本市場に積極的に関わっていきます。近々マルチプレイヤー麻雀ソフトウェアを発表する予定で、このソフトウェアは日本で最初に導入することになっております。さらにゲーム、プロモーション、そしてサポートの拡充も数ヶ月以内に予定しております。
私どもとしては、新たなトップのリーダシップのもとで製品とサービスをお届けできることについて喜びを感じております。新しいトップ(Managing Director)は、業界に10年以上身をおいてきた人物で、ベストな製品とサポートをプレイヤーの皆様に提供することに多大な情熱を持っております。」
ということで、新麻雀ソフトが日本語で出てくるというようなニュースも含まれていて、当分は日本重視のインターカジノの姿勢に変更はないようです。ホッとしました。