キングコングスロットなどインターカジノで導入 ( 2008年10月30日 )

インターカジノの英語版でいくつもの新ゲームがリリースされました。予告されていたキングコングだけでなく、ルーレットとブラックジャックの新機能にも注目です。

  • Blackjack European ブラックジャックヨーロピアン

    Auto Starategyという名称のオートプレイ機能が新たについたブラックジャック。グラフィック、サウンドともに改良されている。また、ルーレットとともに画面デザイン自体が一新されていて、ロビーと異なる独立スクリーンでのプレイとなっている。

  • Roulette European ルーレットヨーロピアン

    ブラックジャックと同じように別スクリーン仕様となって生まれ変わったヨーロピアンルーレット。ベットレイアウトを保存できる機能、ブラックジャックと同じように条件を指定することができるオートプレイ機能、スピード調整機能などが加わっている。

    また、VIEWボタンを押すと違った角度から見ることができる機能がつき、好みによって選択可能。

    ボールの動きは最近の他社製品の傾向からするとかなり変でリアル感に欠ける。グラフィック自体の解像度は上がっているのでこれは残念。また、プレイテック的なアニメーションカット機能もつかなかったのは個人的に残念。

  • King Kong キングコング

    人気キャラクターのキングコングがテーマのビデオスロット。ぶちぬきワイルドが更に横に拡張する(見た目は)過激なKing Kong Goes Ape機能や、飛行機とキングコングが対決して最大100フリースピンが獲得できるKing Kong Smashボーナスなど。

    King Kong Smashボーナスでは、飛行機をたたき落とすのに3回失敗するまでチャレンジできるという仕様で、ゲーム的なスキルが必要となる。ゲームが下手な人は3回失敗した後で、自分の獲得回数を選択するか、またはランダムな金額が当たるピックアップ式も選択できる。

  • Casinomeister カジノマイスター

    人気ポータルサイトのCasinomeisterをテーマにしたビデオスロット。悪質カジノ(rogue casino)のシンボルがいかにもという感じで笑える。結構リトリガーのかかるフリースピンCasinomeister Featureがついている。

  • Dr. M. Brace ドクターエムブレイス

    医師がテーマのビデオスロット。グラフィック的にはマイクロゲーミング風。最大20回2倍配当のフリースピン付き。さらにピックアップ型のリエゾンフィーチャーも。ノリはいいが機能的には特に新味はなし。

  • Little Master リトルマスター

    奈良のせんとくんのような中国のこどもカンフーマスターをテーマにしたビデオスロット。これもキャラデザインがマイクロゲーミング風。ピックアップ式のチャレンジボーナスと、フリースピンが獲得できるグランドマスターチャレンジボーナスがある。

  • Picnic Panic ピクニックパニック

    アリとピクニックをテーマにしたビデオスロット。Free GameボーナスとPicnicボーナスがついている。Free Game ボーナスではその時点で表示されているすべての食べ物系シンボルがフリースピンの回数にかわり、その合計数だけフリースピンが獲得できる。

ということで、スロット追加だけでなくブラックジャックとルーレットも刷新されるという比較的大型のアップデートとなっています。

なお、英語版のアップデートはメニューで「Upgdrade InrerCasino $$$」を選ぶと始まります。

また、インターカジノの日本語版で開設したアカウントを使って英語版で遊ぶことは可能です。その方法はインターカジノマニュアルを参照してください。

インターカジノのマニュアル
インターカジノの解説とレビュー



コメント

「 キングコングスロットなどインターカジノで導入 」へのコメントはまだありません。

「 キングコングスロットなどインターカジノで導入 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ