インターカジノ 徹底レビューと解説




運営元: インターテイン
ソフトウェア クリプトロジック,AMAYA,レンダー,その他多数
ライセンス: マルタ・UK
運営開始: 1996年

【2015年 新生インターカジノ】 追記にもあるようにインターカジノは、様々な意味で新しく生まれ変わったといってよいでしょう。
今回は単にサイトのリニューアルだけではなく、運営体制もリニューアルされました。ここ数年日本マーケットに対しては最低限だけを行ってきた感が無きにしもあらずといった感じでしたが、運営体制も変わった今、以前にもましての意気込みが感じられます。

【オンラインカジノファン大賞の金賞を5年連続で受賞】
インターカジノは当サイトで主催したオンラインカジノファン大賞で、プレイヤーによる投票の結果、2004年から2009年にかけて6年連続でトップに選出されています。しかも毎回差をつけての1位です。

2004-2008.gif

海外においてもオンラインカジノの専門誌「Gambling Online Magazine」主催の人気投票で5年連続でトップオンラインカジノ賞を獲得しており、その人気は世界レベルです。

【独自のゲームプラットフォーム】
ゲームのプラットフォームは独自開発により、他社のゲームも柔軟に取り入れることができます。その為、インターカジノでは依然のクリプトロジック系のソフトウェアをはじめとして、現在は別会社となるAMAYAゲーミングとに共同開発したゲームや、他社のゲームを揃えることが可能。
近年ヨーロッパでは主流となりつつあるHTML5をベースとしたゲームの多彩さは他カジノよりも群を抜いています。これらのゲームはウェブベースでMacでもプレイ可能です。


【人気アメコミから3Dスロットへ】
以前のインターカジノと言えば、X-MENやHulkなどのマーベルコミックをテーマにしたスロットを中心に、「Call of Duty 4」などスロットが有名でした。2012年にライセンスの契約終了ということでアメコミ系ゲームがぐっと少なくなりました。が、現在では映画を基にしたフォレストガンプやゲームのストリートファイターのスロットなどが導入されています。
また3Dスロットもかなりの数が導入されています。3Dスロットのキャラクターの動きは必見です。

【専用ボーナス~スロットとテーブル、どっちにする?】
インターカジノの新規ボーナスはスロットプレーヤーとテーブルゲーム(カードゲームなど)プレーヤー用にそれぞれボーナスがわかれています。
また両方のボーナスとも入金3回目までそれぞれ100%のマッチアップなので、新規ボーナス使い切って、次のマンスリーボーナスまで待たなくてもOK。
オンラインカジノファンでもさらにお得なそれぞれの専用ボーナスを用意しましたので是非ご利用ください。

限定ボーナス特設ページはこちら


以下追記(2013年3月20日)
【インターカジノの更なる進化】
インターカジノは1996年に運営を開始し、世界で最も歴史のあるカジノの一つです。当時はメジャーなソフトウェア会社といえばマイクロゲーミングぐらいだったのですが、1995年にクリプトロジックというソフト会社(インターカジノの親会社なので、自社開発といってよいでしょう)が創立され、インターカジノの運営を開始しました。前述のとおり、以来インターカジノは常に独自のゲーム、アメコミのライセンス物スロットなどを提供し続け、他オンラインカジノにもそのゲームを提供してきていました。

2012年2月に親会社であるクリプトロジックはアマヤゲーミングというカナダ資本の会社に買収されました。アマヤゲーミングはショートメールを利用した携帯版宝くじのシステムを初めとして、ゲーム業界においてソフトからハードまでの様々なソリューションを提供しているゲーミングテクノロジー会社です。携帯版宝くじのシステムはケニヤやモルドバ政府とも契約しており、携帯そのものを宝くじのターミナルにしてしまうという優れ物。もちろんカナダ国内でも州政府に対してゲーム提供などをしたりと、グローバル展開をしている上場会社です。

アマヤゲーミングでは、ソフト部門などの開発一般は行ってきたものの(インターの前には他のオンラインカジノのソフト会社も買収しています)、B2Bがメインでした。今回のクリプトロジックの買収により、アマヤのB2Cへの本格的な参入が始まったのです。

オンラインカジノ業界での買収にありがちな、以前を無視した運営体制の変更や、日本市場の切り捨てといったことも一切ないどころか、実際にアマヤの買収以降、日本人向け決済の導入や、ライブディーラーの導入など、アマヤの全面的なバックアップを受けさらに改良されてきています。


追記その2(2015年1月)
さて、オンラインカジノ業界では、買収&合併は日常茶飯事のできごとなのですが、インターカジノは2014年にまたまた買収・・というより以前のクリプトロジック関係者により買い戻されました。
紆余曲折をへて、収まるところに収ったというところです。
また日本マーケットへの意気込みもふかまり、これからは日本限定プロモなども出てくる模様。今年一番の期待の新星といったところでしょうか。

A&Mをされると、悪くなる会社はそれこそ転がるように落ちるところはありますが、インターカジノの場合は収まるところに収まり、どんどんとよくなっていくと思われます。


初回ボーナス テーブルゲーム専用かスロット専用のボーナスを選択。
テーブルゲーム
3回目までの入金に対して100%ボーナス
(上限各100ドル、合計300ドル)
スロット
3回目までの入金に対して100%ボーナス
(上限各200ドル、合計600ドル)
条件
ボーナス受け取り後、30日以内に
「入金額」+「ボーナス額」の30倍を賭ける必要あり。

※OCF専用ボーナスを利用すると最大1500ドル、
賭け条件は25倍になる
決済会社 ECash Direct
最低入金額 $10
最大入金額 1回$25,000 (i-BANQ、NETeller、skrill)
入金手段 NETeller (ネッテラー)
Moneybookers(skrill)
i-BANQ
entropay
PayPal
クレジットカード
引き出し手段 NETeller (ネッテラー)
Moneybookers(skrill)
i-BANQ
日本語 あり
最大ベット バカラ$2000、BJ$2000、クラップス$500、ルーレット $500
サポート メール、ライブチャット(24時間対応) すべて日本語(チャットは不在の場合もあり)
コンプ 10ドル賭けるごとに最大2.5ポイント加算。加入は不要。

「TV CM 」






インターカジノの詳細
インターカジノへアクセス
インターカジノ入金方法
インターカジノ登録マニュアル
インターカジノの遊び方(基本編)
インターカジノの遊び方(応用編)
インターカジノOCF限定ボーナス詳細
オンラインカジノファン限定ボーナス特設ページ


ページトップへ