第2回 アメリカンヒーロー結集!! の巻 ( 2010年06月16日 )

どうも。
みなさんもう覚えてくれましたか?そう「世界のスギヤマ」です。

スギヤマついにやりました。念願の「カジノデビュー!」しました。

オンラインカジノのプレイはまったくの初体験(ウフフ)だったので、どのカジノがオススメなのかOCFさんに聞いてみたら「そんなのうちのサイト読めばいいじゃん。何のために原稿料払ってんだよ」と言い放たれてしまいました。

しょぼんりスギヤマ、こうなりゃヤマ勘で選びます(えっ、サイト読めよって?)
そのカジノの名前は「インターカジノ」

でもじつはスギヤマ、日本語のページに行く方法がわからず、いきなり英語版ではじめることに。
そしてマーペルコミックスロットと戦うことになったのでした。

マーベルコミックってあれでしょ。Xメンとか、スパイダーマンとか、ハルクとか、いわゆるアメコミの王道系。
日本で言ったら、人気アニメとタイアップのスロットなわけじゃないですか。

スギヤマ、スロット大好きなんでよくわかるんですけど、タイアップのものって面白くないのが多いんですよね。なんて言うか、アニメの人気に甘えて手抜きしてるんですよ。どうせ、オンラインカジノのタイアップスロットも似たようなもんじゃないの?いやいや、偏見はいかんな。素直な気持ちで挑もう。

まずは日本のパチスロでもお馴染みの「スパイダーマン」

おぉぉぉっ。

いきなり驚きました。
このスロット、25ラインもあるじゃない!!

日本のパチスロは大体が5ライン、それに比べれば5倍です。
当然、一度に賭けるお金も大きい。
でも、当たる確率も大きい。
さらに、おぉぉ。

言うまでもなくスロットの基本はマックスベットですから、(それが一番勝てる率が高いのです。
(理由は詳しい人に聞いてみてね)
もちろん、スギヤマ全賭けします。

うぉっ、いきなり何だコレ。

あ然。
慌ててルールを読み直すスギヤマ。
騒ぐ胸。走る緊張。(ごめん、オーバーです)

なるほど、

この図柄がワイルドカード、トランプでいうジョーカーなわけね。
つまり、これを含めて数字や図柄が3つ以上、特定絵柄なら2つ以上揃うと払い出しがある、と。

でもって、

これがボーナス図柄で、左から3つ以上揃うとボーナスゲームができる、と。
なるほど、なるほど。
やっぱり説明はよく読まないとダメだな。

うぉっ。今度は何?何?
巨大スパイダーマン???
あっ、2リールと4リールにボーナス図柄が出ると
中央ラインが全部「フリー」になるんですか。
これも説明に書いてあるのね。納得。

うーん、やばい。
結構、楽しい。
しかも、これって時折ジャックポットという大当たりが出るんだけど、
この率が、なんとなく高めな印象なんですよね。
だって、スギヤマ、ちょっと遊んだだけなのに、
一回、ジャックポット引いちゃったし。
(パニクって画像取れませんでした。すまん……)

もちろん「スパイダーマン」の他にもゲームは沢山。
映画化された「アイアンマン」や「ハルク」「ゴーストライダー」「ウルヴァリン」など、
全部で17種類。しかもこれ、それぞれゲームの仕組みがちょっとずつ違う。

ほほぅ、これは9ライン。こっちは最小ベットが安い、これは自動制御あり。
ってな感じで、なんとも奥が深いじゃありませんか。
9ラインで大きく出るもよし、25ラインできっちり小役を獲得するもよし。
賭け方による戦略もあるし、そんなん無視してキャラで遊ぶゲームを選ぶのもよさそう。

まずいです。
スギヤマ、仕事忘れてハマりそう。
(ていうか、、君仕事あったけ? by OCF)
特にこいつがスギ的に激ヤバ。

海パンいっちょで戦う男「サブマリン」!!
すげえインパクトでしょ。
しかも、このゲーム、ボーナスが超楽しいのです。
6つある船から3つを選び、破壊! 破壊! 破壊!

これだけで「無料ゲーム」(払い出し2倍!)や「賞金」が手に入っちゃうんだもの。
おまけに、しょっちゅうボーナスに入るし(注意:個人的感想です)、
合間にジャックポットもポンポン出るし(注意: 本当にあくまでも個人的感想です)、
やめられんわぁ。

スギヤマ、すっかり気に入ったよこのインターカジノってやつ。

ちなみに、
英語版のゲームでは自分の似顔絵が表示されるのですが、
そこでのスギヤマ、こんなことになっています。
なんで???

by 世界のスギヤマ

【次回に続く】


80InterCasino.jpg
インターカジノの詳細

インターカジノのサイトへ