麻雀はスキルゲーム? ( 2009年01月22日 )

日本で人気のスキルゲームは何かと聞かれて、皆さんの頭に浮かぶのは何ですか?

私の場合は麻雀です。

調べてみたら、麻雀が中国で考案されたのは1850年ごろなので、わりと近代に考案されたゲームだったので驚きました。日本に普及し始めたのは1920年代といわれています。大衆ゲームとしての人気のピークは昭和50年代。その後は雀荘や家でプレイする人の数は減少しているものの、ゲームセンターやネットの麻雀ゲームの影響でプレイヤー数は増加しているようです。(推定2000万人)

さて、昨年4月のニュースでクリプトロジックがアジア市場のマーケティング強化の一環として、マージャンタイム社という麻雀ゲーム開発提供会社へ投資を行った旨をお伝えしました。

あれからしばらく経ち「インターマージャン」なるサイトが、ひっそりとオープンしているのを発見しました。
サイト上ではインターカジノの姉妹サイトとなっています。

プレイした感想ですが、グラフィックやルールなど日本の麻雀とは異なる点が多いので、日本人プレイヤーに受け入れられるかは正直いって微妙だと思います。ただし現金を賭けてのプレイが可能なので、自分の卓を立ち上げて友人を誘ってプレイすれば面白いと思います。PayPal(ペイパル)の使用が可能なので、入金は楽にできました。

インター麻雀

インターカジノの解説とレビュー

関連記事
クリプトロジックがアジアで攻勢 日本は? (2008年04月10日)



コメント

「 麻雀はスキルゲーム? 」へのコメントはまだありません。

「 麻雀はスキルゲーム? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ