「カジノ遊びに魅せられて」 byジョー介 第177回 ( 2017年11月28日 )

(本記事は無料プレイの体験記事です)

いよいよ冬ですね。
つい先日はまだ暖かかったような気がしますが、ゴリゴリの寒さが来日しました。

こう寒いと温泉など、行きたくなりますよね。
広めのお風呂で足をのばして。
誰もいないタイミングを狙ってちょっと泳いだりして。

ああ、そういえばこの時期は猿も温泉ですね。
地獄谷の猿の湯も一度行ってみたいですね。

…。

というわけで、本日はこちら。

猿の惑星

ウキ

猿の惑星

ラッキー・ニッキーカジノより、「PLANET OF THE APES」です。

モチーフになった映画は近年のものですが、本家本元はあまりに有名ですね。
もちろんジョー介はですね、ほぼ全作視聴済みです。

「ほぼ」、なのは最近のものを観ていないからですね。
なので基本的なことは頭の中にあるんだけど、ってところです。

初代の猿の惑星は、ジョー介まだ子供でした。
その結末には子供ながらにショックを受けたことをよーく憶えております。
あとなんだか猿が怖かったことも。

ジョー介あれなんですよ。
子供のころはあらゆる怖い映画が本当に苦手で。
たとえば棚の一部がエイリアンに見えてしまったり、カーテンの隙間から人形が覗いているとか勘ぐってしまったり。

寝られなくなっておりました。

この猿の惑星もですね、同様。
怖い映画かというと、そうでもないんですけれど。
猿がなんだか苦手でしてね。
窓の外、電柱のてっぺんからこちらを見ている、といった想像をしてしまったり。

トイレに行けなくなってしまったことを思い出します。

さてさて、本題のスロットの方はといいますと。

ジョー介も見るのは初めてです。
実に珍しいタイプです。

リール

なんとリールが10コもあるんです。

ただですね、少し回してみたところ、リールが10コというと語弊があるかもしれません。
左からリール5つ分、右からリール5つ分。
それぞれが独立しておりまして。

10コのリールがあるというよりは、スロット2台が横に並んでいるといったイメージ。

お得です。

左右それぞれにテーマがありまして。
いいやつが左。
悪いやつが右。

そしてここ大事ですよ。
どうもですね、左右それぞれ別に抽選が行われているようです。
下の画像のように両側で同時に、ってこともあります。

同時当選

おもしろいですよね。
ジョー介、このパターンは初な気がします。

さらに、さらにです。

両側で大きいのがきちゃうとですね。
それはもうえらいことになります。

大当たり

ね。

そうそう、忘れておりました。
このスロット、やたらめったらムービーが挿入されます。

映画とはね、またちょっと違うような。
でも映画そのまんまのような。

ま、その辺は置いといて。

最初の画像にもありますとおり、オープニングだけでもね、見ていただきたいですね。

もう動きまくり。
あっちこっちでウッキッキ。

フリースピン獲得時も、もちろんムービーがありました。

フリースピン

突然のことだったんで、ちょっとムービーそのものを撮影することはできませんでしたが。

ただですねぇ、どれもこれもとても力が入っておりますのでね。
ぜひ、ぜひに観ていただきたい。

さて、肝心のフリースピンのほうはといいますと。

今回は右側の5リールでスキャッターが揃ったため、悪役フリースピン。
このときは10リールではないのがちょっと残念です。

フリースピン中

画像右側を見ていただくとお分かりになるかと思います。
倍率はですね、スピン中にあがっていく仕組みとなっています。

最大で5倍ですのでね、その辺はまぁ普通。
回転前に決定しない分、最大はもちょっとあるかなと思っていましたので、そこはちょっとがっかりでした。

さて、結局のところのリターンは。

結果

さっきのBIGとそんなにかわらないですねー。
ちょっと残念。

まぁ、今回のフリースピンは回転数は増えませんでしたし、倍率も3倍と低めでしたのでね。
しょうがないかなぁ…。

とにもかくにも。
普通のスロットの、倍のリール。
やたらと豪華なムービー。

夢中で回してしまってですね、実は真っ赤、ってのは内緒です。

by ジョー介

ラッキーニッキーカジノへアクセス
ラッキーニッキー徹底レビュー
ラッキーニッキー―登録方法