ライブディーラーのソフトウェアの種類 ( 2007年07月04日 )

先日ニュースレターにも書きましたが、最近ライブディーラーのゲームについての問い合わせが多いです。

日本語の使えるライブディーラーゲームがあるのは、プレイテックとマイクロゲーミングのオンラインカジノです。

プレイテックには、ブラックジャック、バカラ、ルーレット、シックボーがあります。

そして、マイクロゲーミングには、数種類のバカラとルーレット(ヨーロピアン)があります。

実はもう一つ日本語がOKのアジアンゲーミングというところがあります(画像はこちら)。これは信頼性が全く不明です。モンゴルのライセンスを受けたカジノが使用していたようです。

日本語にこだわらなければ、他にもいくつかあります。

最も有名なのが、CWC Gaming(CWCゲーミング)です。古くはCasino WebCamとして知られていました。ラドブロークスカジノ等で使われています。

CWCには、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、シックボーがあります。(ウェブサイトこちら)

他には、VueTecというソフトウェアもあります。ライブゲームの専業ソフトウェアメーカーで、数カジノで採用されていますが、メジャーなところはありません。(ウェブサイトこちら)

今年1月のロンドンのICEでは、他にもいくつかライブディーラーソフトの展示を見かけた気もしますが、日本語ができそうなところはありません。



コメント

アジアンゲーミングの名前がついに出てきましたね・・・

他のソフトにはない日本語バリバリのゲームやパチスロの出来損ないみたいなクソゲーがありました。

信頼性があれば遊べると思うんですが、

麻雀の絵で紹介されているのに麻雀がなかったり、このソフトを使っているカジノが異様に更新されなかったり
(今見てみるとHP無くなってた・・・)

怪しさ爆発です。

でも今後ビデオ麻雀や日本人向けのゲームは開発してくれそうな予感もします。

by taketo : 2007年07月04日
「 ライブディーラーのソフトウェアの種類 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ