アキバ系に対する知名度が急上昇中の「マン島」 その理由とは
( 2009年11月11日 )

オンラインカジノのプレイヤーにとっては信頼できるカジノライセンス発行元として有名な「マン島」ですが、最近ではアキバ系の方々に対する知名度が急上昇しているようです。

その理由は「可愛いにもほどがある」が次の流行語になりそうなベッキー・クルーエル。

個人的には、また誰かが無理やりブームを作り出しているような気がしないでもないのですが・・・。

そのマン島のカジノライセンスの取得・維持に要する費用は、申し込みが1000ポンド(15万円)、年間ライセンス費が35000ポンド(520万円)、そして200万ポンド(3億円)の委託金が必要となり、2000万ポンド(30億円)以上の収益を上げた場合のみ1.5%の税金が課せらるとのことです。委託金に関してはカジノ側が営業破綻した時などにプレイヤーに支払われるためにマン島がプールしておくようです。

ライセンス発行業務が導入された当初はMGMなどの大手が同島のライセンスを取得していましたが、最近ではあまり大手カジノで同島のライセンスを利用しているところは多くないようです。

マン島のギャンブルライセンスに関するHP

関連記事
良いライセンス元、悪いライセンス元 (2007年08月10日)
マルタのライセンス 人気の理由 (2007年09月03日)




コメント

「 アキバ系に対する知名度が急上昇中の「マン島」 その理由とは
」へのコメントはまだありません。

「 アキバ系に対する知名度が急上昇中の「マン島」 その理由とは
」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ