ocf 7:45 am

マイクロゲーミングMPV 今度はどうか? ( 2007年03月7日 )

マイクロゲーミングのカジノソフトウェアViperで、マルチプレイヤーのトーナメント機能がリリースされました。Multi-Player Viper (MPV)とよばれるものです。
MICROGAMING LAUNCHES REVOLUTIONARY MULTI-PLAYER VIPER SOFTWARE (マイクロゲーミング)
現在はベータ版で、Royal Vegas Casino(ロイヤルベガスカジノ)でだけ導入されています。
ロイヤルベガスカジノ (フォーチュンラウンジグループ)
ロイヤルベガスのソフトを起動すると、メニューに「Tournament」という新項目が追加されています。
その中に、現段階では、Thunderstruck(サンダーストラック)とTomb Raider(トゥームレイダー)のふたつのスロットが入っています。
そして、それぞれに各種賞金のついたトーナメントが設定されています。
サンダーストラックのトーナメント
この画面の例でいうと、5人のトーナメントで参加料は50ドル、賞金総額225ドル、トップ賞金が150ドル、2位が75ドルとなっています。
5分間の闘いです。
他にも、参加料無料のフリーロールもあります。
たとえば、賞金総額50ドル、各賞が0.60~12.50ドルというTomb Raiderのフリーロールが設定されています。
ちょっと見たときはフリーロールの参加者400人弱、2時間ごとに開かれるという感じでした。
どうでしょうか。
マルチプレイヤーというと、マイクロゲーミングは以前もマルチプレイヤープラットフォームということで、古くさいスロットを載せた形態のソフトを出しています。不人気です。
今度のMPVは、どこかの太っ腹なカジノがフリーロールをどんどん開催すれば違うのかもしれませんが、アメリカの禁止法以後の厳しい世界では、なかなかそういうカジノも出ないような気がします。
ただ、今回は別のプラットフォームではなく、既存Viperへの追加となっているので、少しは注目を集めるのかもしれません。
物好きな人、新しいものはチェックせずにいられない人、それと、時間はたっぷりあるから元手不要で小遣い稼ぎをしたいというはロイヤルベガスカジノで。
ロイヤルベガスカジノ (フォーチュンラウンジグループ)
(MPVのトーナメントに参加する際は、まずAlias=エイリアスを設定する必要があります。エイリアスは全マイクロゲーミングカジノで共通のニックネームです。すでにマイクロゲーミングポーカーネットワーク(旧Prima)でAliasを作成済みの場合は、同じAliasを使ってください)



Comments are closed.

コメント

「マイクロゲーミングMPV 今度はどうか?」へのコメントはまだありません。

「マイクロゲーミングMPV 今度はどうか?」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)