王者マイクロゲーミングに突撃取材

GIGSE会場にあるマイクロゲーミングのブースはプレイテックやRTGと比較するとかなり小さなものでしたが、デモ用PCがあったので、さっそく「新しいもの見せてください」とお願いしてみました。

「新しいものはない」と一瞬断られそうになりましたが、「マルチプレイヤーのデモを見てもいいよと昨日XXさんから言われてますよ」と説明すると、ニヤリと笑い、見せてくれました。

マルチプレイヤーの新カジノソフトは、オンラインポーカーのPrimaのソフトとそっくりで、テーブルのリストとゲームのリストが並んでいました。

面白いのはスロットで、8人が同じテーブルで同じスロットを囲むことができます。カジノを横断して一つのネットワークになっているので、いつでも他のプレイヤーがいることになるのでしょう。

スロットでは三つのモードがあります。普通に他の人のプレイをみるモード、それから誰かが勝つと同席している他の人も同じ配当がもらえるコミュニティモード、そして、共有された配当をプレイヤー間でとりあうポットモードです。

これまでスロットは孤独なゲームでしたが、これはなかなか面白そうです。チャットも当然ついているので、かなり賑やかに遊べそうです(日本語化予定はいまのところ無し)。

他にも今月29日リリース予定のゲームの情報を開発担当者から直接聞いたりして、楽しい時間を過ごせました。

ちなみにお土産も綺麗なお姉さんもなしで、とても質素な印象でした。某ソフトのように変なところにお金を使わない姿勢には好感です。ひいきしすぎかもしれませんが・・・。

ページトップへ