NETELLERカード 失効時の残高の扱い ( 2008年10月06日 )

NETELLR(ネッテラー)のプリペイドカード(GlobeWalletカード)については、発行開始直後にカードを入手した場合は9月末に期限が切れたはずです。

また、今後も数ヶ月以内に期限が切れる人は多いでしょう。

期限切れに対する基本的な対応は、こちらの記事に書いたとおりです。

NETELLERプリペイドカード期限切れについて (2008年09月03日)

まだ失効したカードに残高が残っているケースがあると思いますが、Globe Walletカードアカウントに残高が残っていてもカード自体は失効しているため、ATMで出金することができません。

これまでのNETELLERからの情報だと、失効済みカードの残高はFirst-Payにお願いして小切手で支払ってもらうしかないということでした。

この点について、GlobeWallet側に確認したところ、以下のことが分かりました。

  • 残高は小切手で支払うことが可能。
  • 小切手は登録住所に送付される。
  • 小切手発行手数料は1件15ドル。
  • 残高が15ドルを下回る場合は、小切手発行は不可能。

小切手は換金にお金も時間もかかって面倒なので避けたい人が多いと思います。そして私がそうなのですが、残高が15ドル未満のため、小切手発行ができません。

そこで、GlobeWallet(First-Pay)に、残高を手にするために他にどういう方法があるのか質問してみました。

すると、「更新カードが発行される場合は、有料で失効済みカードの残高を新カードに移転できる」という回答がありました(NETELLERからの情報とは違いますが)。その場合の手数料は15ドルということでした。

ただし具体的な移転方法は教えてもらえませんでした。ですので、新期限の更新カードが届いた段階で、改めてきいてみることにします。

なお、NETELLERプリペイドカードはもう使わない等の理由で更新しない方については、旧カードの残高を上記の通り小切手で支払ってもらう他に方法はなさそうです。




ネッテラーホームページへ
ネッテラーサインアップ
ネッテラーマニュアル




コメント

「 NETELLERカード 失効時の残高の扱い 」へのコメントはまだありません。

「 NETELLERカード 失効時の残高の扱い 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ