ocf 7:54 am

NETELLERのお金は大丈夫か 禁止法案関連 ( 2006年10月8日 )

アメリカでオンラインギャンブル禁止法案が通過した後、NETELLER(ネッテラー)が最大の市場を失う恐れがあるために、NETELLERのアカウントに大きなお金を置いておくと万が一のときに危ないのでは?という質問をいくつかいただきました。
先週ロンドン証券取引所でネッテラーの株価がだいぶ下がったので、さらに不安になった人もいたかもしれません。
これについては私は全く不安に思っていなかったのですが、一応ネッテラーの幹部に質問してみました。
以下は受け取った情報です。

  • 内外の法務専門家と検討した結果、アメリカでもその外でもこれまで通り営業を続けることにした。
  • 法案成立後、実際に規制が開始されるまで270日間の猶予期間が金融機関には与えられており、それまでに、アメリカ向けにどのようなことをすべきかNETELLERがさらに検討する時間は十分にある。
  • アメリカ国内にはNETELLERの資産はなく、銀行口座もなく、従業員もいない。
  • NETELLERは、英国の金融機関の監督当局である金融サービス機構(FSA = Financial Services Authority)の監督下にあり、FSAのルールにしたがって、メンバー(プレイヤーおよびオペレーター)の資金は会社の資金とは別のトラスト(信託)に置かれている。
  • トラストにある資金とは別に、NETELLERの自社の現金が1億8,000万米ドルある。借金はない。

ということで、FSAのルールによってアカウント内の資金は別で置いてあるというのがポイントになるのではないでしょうか。(Moneybookersも同様にFSAのルールに従っています)
NETELLER(ネッテラー)のマニュアル
10月9日追記
同じような質問が沢山寄せられているからでしょう。日本語版はないですが、このようなよくある質問ページができています。
FAQ’s for US Members about recent US Anti-Gaming Legislation
http://content.neteller.com/content/en/member_businessupdate_faq.htm



Comments are closed.

コメント

「NETELLERのお金は大丈夫か 禁止法案関連」へのコメントはまだありません。

「NETELLERのお金は大丈夫か 禁止法案関連」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)