ギャンブル市場全体の売り上げに占める、オンラインギャンブルの割合は? ( 2010年03月20日 )




上のグラフですが、紫色の棒線が全世界のギャンブル関連事業の収益を、青色の折れ線がオンラインギャンブル関連事業の収益を示しています。

全体的には2012年に400兆円規模まで達すると予想されており、1998年の時点で200兆円に満たなかった市場規模がこの10年で2倍まで拡大したことになります。オンラインギャンブルに関しても1998年当時は1%程に過ぎなかった業界全体に占める売り上げの割合が2012年には8%を占めるまでの成長が見込まれています。

さて、これまでにめぼしい地域や国におけるカジノ建設は一巡し、成長の鈍化が素人目にも明らかなオフラインのギャンブルと比較して、モバイル機器の発達や各国での合法化により今後も高い成長率が見込まれるオンラインギャンブル関連ビジネス。今から10年後の2020年にはどんな状況になっているんでしょうね?

そして当サイトはまだ存在しているのでしょうか?



コメント

「 ギャンブル市場全体の売り上げに占める、オンラインギャンブルの割合は? 」へのコメントはまだありません。

「 ギャンブル市場全体の売り上げに占める、オンラインギャンブルの割合は? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ