オンラインとランドカジノの提携ブーム!? アメリカでの合法化の気になるところ ( 2013年07月11日 )

アメリカでのオンライン合法化はどんどんと進んでいるようですが、ランドベースとオンラインのコラボもますます進んでいるようです。

以前に888がネバダ州でポーカーのソフトを供給する認可を受け、ランドカジノと提携するという記事を書きましたが、今回はニュージャージー州のお話です。

ランドカジノの運営にもいろいろと制約があり、一筋縄ではいかないのは当たり前ですが、オンラインカジノも同じくです。お金が賭けられるゲームくらいに考えている人が多くいると思いますが、実際はプレーヤーの入出金が全てデジタルで記録されるので、こういったところはランドベースよりも透明性という点では高いと思います。またランドベースと違ってプレーヤーの監視が出来ないので、セキュリティの面では非常に高いレベルを維持しています。
その為、"カジノ"という基本は一緒かもしれませんが、ランドカジノがいきなりオンラインを運営する、といったのは非常に無理があります。逆もまたしかりですね。

ということで、コラボというのはなるべくしてなった結果といえるでしょう。また今回もオンラインカジノではなく、オンラインポーカーでの提携です。


ニュージャージー州には有名なアトランティックシティというカジノ街があります。
ラスベガスほど大きくはないですが、あの不動産王、ドナルド・トランプ氏が経営していたカジノがあることでも有名です。
オンラインギャンブルは今年2月に合法化しており、現在レギュレーションが出来上がるのを待つばかりなのですが、すでにいくつかのランドカジノとオンラインゲーミング会社が提携の発表をし始めました。
ボルガタホテル・カジノはBwin.Party、ドナルド・トランプ氏のタージマハールカジノリゾートはUltimate Gamingと提携。シーザーズカジノ・アトランティック、バリーズアトランティック、ハラーズアトランティックの3社と提携となるようです。

その他、トランプ氏の他のグループ会社、トランププラザはイギリスのオンライン、ベットフェア(ソフトバンクが株持ってますねぇ。)と組み、オンラインポーカーのソフトはインターカジノの親会社であるアマヤ・ゲーミングの持つオンゲームというネットワークを使用するようです。

上記の会社は今月29日までに州政府にオンラインギャンブルの許可をもらうべく申請書を提出しないといけません。それまでに他の数社も参加してくる可能性はあります。オンラインで有名だから、ランドと提携しても成功する!といった具合に行けばよいのですが、それでもこれからアメリカが面白くなってくることには間違いありませんね。






888カジノ徹底レビューと解説
888カジノへアクセス
888カジノ OCF限定ボーナス詳細


インターカジノの詳細
インターカジノへアクセス
インターカジノ登録方法
インターカジノOCF限定ボーナス詳細






コメント

「 オンラインとランドカジノの提携ブーム!? アメリカでの合法化の気になるところ 」へのコメントはまだありません。

「 オンラインとランドカジノの提携ブーム!? アメリカでの合法化の気になるところ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ