プレイヤーの提案にオープンなカジノ ( 2008年05月16日 )

オンラインカジノにもいろいろありますが、プレイヤーの声に耳を傾けてくれるところと、一切そういうところがないグループと二種類ありそうです。

「感想を送ってください」とか「提案をどんどんしてください」とは言わないカジノでも、たまに要望や改善の提案をすると素直に聞いてくれて、場合によっては採用してくれる場合もあります。

聞いてくれたカジノ

私が思い出すのは2003年頃のクラブダイスカジノです。いろいろな提案を勝手にしましたが、何度も採用されました。(今はすっかり運営も変わって全く別のカジノですが)

キングネプチューンカジノも、いろいろと要望を出しましたが、きちんと聞いてくれた思い出があります。(すべてに対応してくれたというわけではありませんが、要望はありがたいと言ってくれました)

いずれも当時は大グループではなく、どちらかというと中小組だったので、風通しがよくて声が上の方に届きやすかったといえるかもしれません。

オープンでないカジノも

逆に巨大グループの場合はダメでした。カルメンメディア(ベルロックゲーミング)やフォーチュンラウンジの場合です。

組織が大きすぎるのと、実績がありすぎて人の声に耳を貸さないのと、たまに聞いてくれても実行されるまで異常に長い時間がかかるのとでアホらしくなり、最後は提案しろと言われても「嫌だ」という感じになってしまいました。

提案のメリット

自分がプレイすることで忙しく、提案なんかしていられないという人がほとんどと思いますが、苦情はあっても提案は少ないので、意外と好意的に受け止めてくれます。なので、気がついたことがあったら、二行、三行でもいいのでメールを入れるといいと思います。

名前を覚えてもらえれば何かと融通をきかせてもらえることも多かったです。(相手も人間ですから当然です)

いまはここに提案を!

現在耳をダンボにしてくれているのが、カジノシェアとグランドモンディアルのプレイシェアグループです。日本語サービス開始から間もないこともあって、日本語担当が一生懸命になっています。

何でもいいので意見や提案を送ると喜んでもらえると思いますし、それに実現に向けてがんばってくれるはずです。

(と今書いていて気が付いたのですが、これまで要望を沢山聞いてくれて実現してくれたのは女性ばかりでした。プレイシェアも女性です。)

カジノシェアについて
グランドモンディアルについて



コメント

「 プレイヤーの提案にオープンなカジノ 」へのコメントはまだありません。

「 プレイヤーの提案にオープンなカジノ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ