カジノオンネットとパーティーが合併か ( 2006年10月30日 )

10月29日、オンラインカジノ業界に驚くような話が駆けめぐりました。

カジノオンネットの888 HoldingsとパーティーポーカーのPartyGamingが合併に向けた話し合いをしているというのです。

Partygaming 'considering merger' (BBC)

PartyGaming and 888 in merger talks -paper (Reuters)

Internet gaming companies hold talks (MSNBC)

カジノオンネットは世界最大のオンラインカジノ、パーティーポーカーは世界最大のオンラインポーカーです。888はオンラインポーカーのパシフィックポーカーも擁しています。

双方ともアメリカのインターネットギャンブル禁止法成立の後、アメリカから撤退しました。その結果プレイヤーが激減し、株価もだいぶ下がりました。

生き残るには経営統合しかないということでしょうか。

両方とも世界的に強いブランドなので、経営を統合してもブランドそのものは維持するのだろうと思います。

同様のM&Aのニュースが続くのでしょう。でも、最初のニュースがこんな大きなものだったというのは面白いです((まだ決まったわけではありませんが)。

10月31日追記

10月30日に888 Holdingsは「統合に関する予備的な話し合いをしたのは事実」という内容のコメントを出しました。



コメント

「 カジノオンネットとパーティーが合併か 」へのコメントはまだありません。

「 カジノオンネットとパーティーが合併か 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ