パーティーゲーミングが身売りを検討? ( 2007年10月11日 )

パーティーポーカーのPartyGamingが、ラスベガスのカジノ企業に身売りする可能性について報じられています。

PartyGaming open to approaches from Las Vegas-based casinos, CEO says (FT.com)

PartyGaming, the UK-listed online poker firm, is open to approaches from Las Vegas-based casinos regarding a sale, said its chief executive officer Mitch Garber.

Speaking in a one-to-one interview at EIG 2007 i-Gaming conference, Garber said the Gibraltar-based group with a market cap of GBP 1.23bn (USD 2.5bn) would like to hear from the major players in Las Vegas. Garber refused to comment as to whether the company was already in talks with a particular casino and remained tight-lipped as to potential main suitors.

具体的にどこのカジノと交渉をしているのかは明らかにしていませんが、ミラージュ(The Mirage)やベラージオ(The Bellagio)が興味を示したことは認めているようです。

ちなみに、パーティゲーミングの時価総額は現在25億ドル(約2900億円)です。

関連記事
ラドブロークスとカジノオンネットの交渉終結 (2007年04月24日)
カジノオンネットとパーティーが合併か (2006年10月30日)
MGM vs ラドブロークスの買収合戦勃発か (2006年11月05日)



コメント

「 パーティーゲーミングが身売りを検討? 」へのコメントはまだありません。

「 パーティーゲーミングが身売りを検討? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ