2011年2月のペイアウトがもっとも高かったカジノ ( 2011年03月30日 )

信頼できるオンラインカジノはその公平性を証明するため、「eCogra」や「TST」などの外部審査機関による審査を導入しており、毎月のペイアウト率(払い戻し率)を公表しています。

当サイトで上位に推薦しているカジノにおける2011年2月のペイアウト率は以下のとおりです:


1位

32レッド
期間: 2011年2月
全体: 97.37%
スロット: 96.33%
テーブルゲーム: 98.25%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


2位
ラドブロークス
期間: 2011年2月
全体: 97.28%
スロット: 96.20%
テー ブルゲーム: 97.97%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


3位
スピンパレス
期間: 2011年2月
全体: 96.42%
スロット: 96.03%
テー ブルゲーム: 97.14%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


--位
ベット365
期間: 2011年2月
全体: ----%
スロット: ----%
テー ブルゲーム: ----%
※ベット365の今月のペイアウト率はまだ公開されていません。


--位
ウィリアムヒル
期間: 2011年2月
全体: ----%
スロット: ----%
テーブルゲーム: ----%
※ウィリアムヒルの今月のペイアウト率はまだ公開されていません。


先月に引き続き各カジノとも、ペイアウト率は96~97パーセント台で推移しています。とはいえ、32レッドのテーブルゲーム「98.25%」などもあり、今後期待できる要素は十分です。

先月トップだった「ベット365」がまだペイアウト率を公開していない、という点も気になるところ。もしかすると高い率が出てくるかもしれません。ここら辺は乞うご期待、ということで。

ここのところ、毎回のようにトップカジノが変わっていますが、それは逆を言えば、それだけどのカジノも「美味しく」なっているということでもあります。
ペイアウト率はあくまでもひとつの「指針」に過ぎませんが、それを活かせるかどうかで「勝てる」かどうかは決まってきます。全体の率だけでなく、スロット、テーブルなどの率を比較しながら、「勝てる」カジノを自分なりに探していきましょう。

ここで紹介しいる以外にもペイアウト率を公開しているカジノはたくさんあります。自分の遊んでいるカジノがペイアウト率を公開しているようでしたら、ぜひ一度確認してみることをお勧めします。また、その他のカジノと比較することも大切です。たかがペイアウト率、されどペイアウト率。
データを活かして、どうぞ楽しいカジノライフをお送りください。


8032Red.jpg
32レッドカジノの詳細
32レッドカジノのサイトへ
32レッドのOCF限定プロモーションへ
32レッドの登録方法解説ページ



コメント

「 2011年2月のペイアウトがもっとも高かったカジノ 」へのコメントはまだありません。

「 2011年2月のペイアウトがもっとも高かったカジノ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ