2月のペイアウトがもっとも高かったカジノは? ( 2010年04月16日 )

信頼できるオンラインカジノはその公平性を証明するため、「eCogra」や「TST」などの外部審査機関による審査を導入しており、毎月のペイアウト率(払い戻し率)を公表しています。

当サイトで上位に推薦しているカジノにおける2010年2月のペイアウト率は以下のとおりです:

Ladbrokes
期間: 2010年2月
全体:  97.44%
スロット: 96.64%
テーブルゲーム: 97.76%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


32Red
期間: 2010年2月
全体: 96.98%
スロット: 96.27%
テーブルゲーム: 97.86%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


Bet365
期間: 2010 年2月
全体: 97.60%
スロット: 96.41%
テーブルゲーム: 96.70%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


インターカジノ
期間: 2010年2月
全体: 96.69%
スロット: 92.56%
ルーレット: 97.18%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


スピンパレス
期間: 2010年2月
全体: 96.24%
スロット: 95.44%
テーブルゲーム: 97.34%
ペイアウトの詳細はコチラで確認できます。


ということで、2010年2月に総合ペイアウト率が最も高かったのはラドブロークスカジノで97.44%でした。

長期的にカジノでプレイして生き残るためには、なるべくプレイヤーに有利なゲームをえらび、確率的に有利なプレイをすることが重要ですが、総合的にペイアウトの高いカジノでプレイすることも結構重要な要素なのかもしれあません。

上記以外のカジノをひいきにしているプレイヤーの方、一度カジノのペイアウト率をチェックされてみてはいかがでしょうか?


80LadBrokes02.jpg
ラドブロークスカジノの詳細
ラドブロークスカジノのサイトへ
ラドブロークスの登録方法解説ページ



コメント

「 2月のペイアウトがもっとも高かったカジノは? 」へのコメントはまだありません。

「 2月のペイアウトがもっとも高かったカジノは? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ