プレイテックがアジア向けゲームを導入予定 ( 2008年03月05日 )

プレイテック(Playtech)が2007年の決算を発表しました。

Audited full year results (Playtech)

売上も拡大しておおむね好調のようですが、発表内容の中にあった2008年の計画にこんな一節がありました。

Launch of new Asian P2P games, which are extremely popular in the Asian market, planned to the end of the first quarter of 2008

Acceleration of the development of new games including a large number
of slot, table and card games and additional Asian P2P games

今年の3月をめどにアジアで人気のP2Pゲームをリリースするとなっています。さらにそれだけでなく、沢山のスロット、テーブルゲーム、カードゲームも開発するということです。

アジア向けのP2Pゲームというのが何を意味するのかは分かりませんが、おそらく中国語圏で人気のゲームなのでしょう。

以前の発表では日本向け云々という言葉もあったような記憶がありますが、ドルフィンパラダイスのリリースをもって日本向けは打ち止めという雰囲気です。

関連記事
カジノソフト大手四社から一気にニュース (2007年11月09日)
プレイテックが他をのみこむ計画を明らかに (2007年08月11日)
プレイテックのパチンコが遂に登場 (2006年11月23日)
プレイテックの最新業績と新しい動き (2006年07月28日)
プレイテックの業績アップとその理由 (2006年04月28日)



コメント

「 プレイテックがアジア向けゲームを導入予定 」へのコメントはまだありません。

「 プレイテックがアジア向けゲームを導入予定 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ