ポーカーを絡めたリアリティゲームショー ( 2009年05月04日 )

アメリカで人気のテレビ司会者モンテルウイリアムの企画によるリアリティショー「International Team Poker League」が製作中ですが、これにプレイテクがスポンサー参加しているようです。

説明はいらないと思いますが、リアリティショーとは複数の登場人物の普段の生活に密着して、日々起こる様々なハプニングに苦戦する登場人物たちを視聴者が見て楽しむというスタイルのTV番組です。日本でも「サバイバー」「クイズミリオネア」「アメリカンアイドル」等が有名かと思います。

この新しいリアリティショーが他のショーと異なる点は登場人物がすべてポーカープレイヤーであるということ。撮影スタッフはプレイヤーの日常、そしてトーナメントで勝ち残る、あるいは脱落していく様を丹念に追っていきます。

放映回数は10回なので、決勝テーブルの様子が放映されるまでに、視聴者は登場人物に様々な感情移入することが可能になるでしょう。

ポーカーをまったく知らなくて見始めた視聴者も、番組終了時にはある程度のポーカー知識を持つことになるので、自分でもポーカーをプレイしてみたくなるはずです。初心者プレイヤー獲得には絶好のプロモーションでなるのではないでしょうか?

アメリカでは2010年2月から放送予定です。


アジア人ポーカープレイヤーからの圧倒的な指
エベレストポーカー



コメント

「 ポーカーを絡めたリアリティゲームショー 」へのコメントはまだありません。

「 ポーカーを絡めたリアリティゲームショー 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ