マイクロゲーミングのプログレッシブ狙い目? ( 2008年11月22日 )

アメリカのプレイヤーには申し訳ない話なのですが、マイクロゲーミングのオンラインカジノのプログレッシブゲームが今狙い目です。

というのは、今週あたりからアメリカ居住プレイヤーがプログレッシブジャックポット付きのゲームをプレイすることができなくなったからです。

マイクロゲーミングは理由を明らかにしていませんが、おそらくアメリカの人に大きな金額を支払うのが困難になってきているからではないでしょうか。

アメリカのプレイヤーも現在大きな金額になっているジャックポット額が増えるのに寄与していたのに、途中で追い出されるというのは非常に気の毒です。もし私であれば、何らかの補填を要求したくなるところです。

ともあれ、プログレッシブ好きのアメリカ人プレイヤーが手をつけられないマイクロゲーミングの大型プログレッシブはこんな金額になっています。

Mega Moolah 約$4,603,000 (約4億3,800万円)
King Cashalot 約$866,000 (約8,200万円)
Major Millions 約$398,000 (約3,800万円)
Tunzamunni 約$144,000 (約1,400万円)

おそらくそれぞれ今回のジャックポットが出てしまうと、それ以降は金額の上昇スピードが鈍るはずです。ですので、今回のものが狙い目ということになりそうです。

どこで狙うのがいいかは趣味の世界ですが、キャッシュバックが期待できるグランドモンディアルが11月はいいかもしれませんね。(詳細こちら)

それ以外でも、当たったときの出金などの面倒を考えると日本語サポートがあるところがいいでしょう。

日本語カジノ一覧



コメント

「 マイクロゲーミングのプログレッシブ狙い目? 」へのコメントはまだありません。

「 マイクロゲーミングのプログレッシブ狙い目? 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ