アメリカ人不在で有利になったプロモ ( 2006年10月23日 )

ご存じのとおり、多くのオンラインカジノがアメリカ在住プレイヤーをプレイ禁止にしました。

アメリカのインターネットギャンブル禁止法案の可決・成立の影響です。

こうしたカジノでは、10月のプロモーションをしていたりします。でも、アメリカ人がいないということは、単純に言って参加プレイヤー数が6割から8割減ったということです。

こんなに減れば、当然11月以降のプロモーションやキャンペーンは規模が小さくなるはずです。ですが、10月の分はすでに始まっているので、そのままになっています。

ですから、アメリカ人禁止になったカジノの10月のプロモーションは通常と比べるとかなり得だということになります。

以下は目についたプロモーションです。

一番のおすすめは最もアメリカ人比率が高かったと思われるスピンパレスとカジノオンネットのものでしょうか。



コメント

「 アメリカ人不在で有利になったプロモ 」へのコメントはまだありません。

「 アメリカ人不在で有利になったプロモ 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ