オンラインカジノのボーナスについての基本的考え方

ボーナスって本当にこんなにもらえるの?

確かにボーナスは、$100を入金すれば追加で$100分もらえます!などとかなり太っ腹で驚かされます。アングラカジノ(裏カジノ)のサービスチップでもこんなに沢山はもらえるところはないでしょう。

なかには、入金額の数倍のボーナスをくれるカジノや、毎月100ドル以上のボーナスをくれるインターカジノのようなオンラインカジノもあります。ボーナスが本当にもらえるのは確かです(少なくともこのサイトで紹介しているカジノは大丈夫です)。

ボーナスには以下のような種類があります。


  • アカウント開設ボーナス: ソフトをダウンロードしてアカウントを開設するだけでもらえるもの

  • 初回入金ボーナス: 初回の入金時に、それと同額や50%が追加でもらえるもの

  • マンスリーボーナス: 毎月1回購入するたびに一定の金額がもらえるもの

  • 通常ボーナス: 入金に対して10%~100%のボーナスをたまにくれるもの

  • おいでおいでボーナス: 急に遊ばなくなったりした場合に、入金不要でもらえるもの

  • 代替決済ボーナス: NETellerや電信送金で購入すると一定の比率で追加でもらえるもの

  • バラまきボーナス: 抽選で突然もらえるもの

  • 記念日ボーナス: 誕生日やクリスマスにプレゼントしてくれるもの



ボーナス条件とは?

オンラインカジノのボーナスについての重要な注意点は、ボーナスをもらった後ですぐに出金する(引き出す)ことはできないということです。アングラカジノのサービスチップと同じで、条件がつきます。

ほとんどのオンラインカジノでは、ボーナスをもらった場合は、デポジット(購入)額とボーナス額の合計金額の30倍分賭けてからとか、厳しいところでは50倍分賭けてから、というような引き出し前の条件(Minimum Wager Requirement=ミニマム・ウェイジャー・リクワイアメント=略称MWR)がついています。

これを一般的にボーナス条件と呼びます。

たとえば、$100の初回入金に対して$100のボーナスをくれるカジノがあって、そこのMWRが(入金額+ボーナス額)の10倍だったとします。

この場合、最低賭けないといけない金額は、($100+$100) x10で$2,000になります。これは、$2,000を一発で賭けてもいいですし、$1ずつ2,000回賭けてもOKです。累計で$2,000ということです。日をまたがっても大丈夫です。

よく、「ボーナスをもらった後で、自前で入金した分だけをすぐに払い戻すことはできますか?」という質問をもらいますが、これはほとんどの場合ダメです。


除外ゲームとは?

更に、カジノによって違いますが、ほとんどのオンラインカジノでは、バカラやルーレットやクラップスで賭けても、上記のようなボーナス条件を満たさないというようなことになっています。

このように、いくら賭けてもボーナス条件がクリアされないゲームを、一般的に除外ゲームと呼びます。

もしこの条件を満たさないで無理にボーナスを払い戻そうとすると、これを繰り返した場合、最悪のケースだとアカウントが凍結されてしまい、以後遊ぶことができなくなります。

最近はこの除外ゲームがどんどん増えており、ひどいところではスロット以外はすべて除外ゲームになっていたりします。


規制ゲーム・禁止ゲーム

また、除外ゲームより厳しい概念に規制ゲーム(Restricted games)があります。規制ゲーム性をとっているカジノでは、ボーナス条件を満たす前に指定されているゲーム(規制ゲーム)で遊んではいけません。禁止ゲームとも呼びます。

賭けてもカウントされないのではなく、賭けたらいけないということです。規制ゲームで賭けるとボーナスと勝ち分を没収されたり、アカウントを凍結されたりします。


Sticky Bonusとは?

最近出現したボーナス条件ですが、「引き出し時にボーナスは差し引かれます」というのがあります。これをSticky Bonus(スティッキーボーナス)と一般的に呼んでいます。

つまり、ボーナス額はあくまでも自分のものではないということです。

たとえば、$100のボーナスをもらった後、ボーナス条件を満たした後で残金が$500になったとして、それから払い戻そうとすると$500は払い戻せません。$400だけ払い戻せます。そして、$400を払い戻すと同時に、ボーナス額の$100はアカウントから消えます。


新しいタイプのボーナスシステム

2006年からマイクロゲーミングのカジノで一気に採用カジノが増えた制度があります。カジノグループによって名前は違いますが、新ボーナスシステム、またはezBonusと呼ばれたりします。

特徴はこんな感じです。

  • 除外ゲーム・禁止ゲームが存在しない。
  • ボーナスはボーナスアカウントに入り、プレイした金額に応じてリアルアカウントに移される。リアルアカウントにある分はいつでも出金可能。MWR(最低賭け金額条件)を全額満たさなくても出金ができる。
  • ボーナスアカウントに残高がある状態で出金すると、ボーナスアカウント残高はゼロとなる。

おそらくマイクロゲーミングではこのシステムが主流になっていくでしょう。


Bonus Abuse(ボーナス乱用)とは?

また、条件を満たしている場合でも、以下のような場合に、ボーナス狙いの「Bonus
Abuser」(ボーナス濫用・乱用・誤用者)と指定されてしまいます。いわゆるガジリ行為に対する規制があるということです。


  • ボーナス条件(MWR)を満たした瞬間に引き出す
  • 複数のアカウントを開いて初回ボーナスを二回以上もらう(同一世帯、同一PCからのアクセスによる複数アカウント開設も含む)
  • ブラックジャックやビデオポーカーなどハウスエッジが低いゲームでだけボーナスを使う
  • 自動プレイ(Autoplay)機能を使ってひたすら条件を消化する
  • フラットベット($1など同額を賭ける)を続ける
  • ボーナスがもらえるときにしか入金しない

Abuser(乱用者)として認定されると、以下のような事態になります。

  1. 以後ボーナスを一切もらえなくなる。
  2. ボーナス分を没収される。
  3. アカウントを閉鎖され、以後遊べなくなる。
  4. グループ内の別カジノからも追い出されて遊べなくなる。
  5. 乱用者データベースに載ってしまい新たなカジノでアカウントが開けなくなる

特にプレイテック系のオンラインカジノは、この辺りの判定基準がかなり厳しいので十分に留意してください。最近は、カジノオンネットやマイクロゲーミング系カジノでも乱用者認定が頻発しているようです。

ボーナス金額、ボーナス条件、除外ゲームは、各カジノのレビューのページにそれぞれ書きました。また、ボーナス額や率の比較はボーナス別リストにまとめてありますので、参照してください。


ボーナスの期限切れ

リアルアカウントを登録してから何日以内に最初の入金をしないと初回ボーナスがもらえなくなってしまうという期限が設定されていることが多いです。

キングネプチューンなら10日以内、オールスロッツだったら72時間以内です。3日以内のところが多いので、アカウントを開いたらなるべく早く最初の入金をするようにしてください。

それから、ボーナスをもらった後、一定の期間内にボーナス条件をクリアしないとボーナスが没収されるという条件もあります。

普通は一ヶ月程度ですが、短いところでは7日間というところもあります。ですので、ボーナスをもらった後は放っておかないで、できるだけ早く条件をクリアするよう気をつけてください。


ボーナス以外にもらえるものは?コンプって何?

カジノごとによくキャンペーンをやっています。一定金額以上を賭けると自動的にくじ引きの対象になって、30人に$100が当たるとか、特定の日にあるゲームで最も多く賭けた人に$2,500をプレゼントとか、いろいろやっています。中にはクリスマスにポルシェをプレゼントという例もありました。

それ以外に、コンプというのもあります。本場ラスベガスでは、ある程度賭けていると無料食事券やホテル宿泊券、もっと賭けると飛行機チケットをもらえたりします。これと同じように、オンラインカジノでも、賭けた金額に応じてお金がもらえることになっているところが多いです。

コンプはだいたい$1,000の賭けに対して$1という感じで、大した金額にはなりません。が、夢中で賭けているうちにちょっとおまけが付いてくるということで、もらうと嬉しいものがあります。

カジノ一覧の各カジノのところに、コンプについての情報も書いていますので、参考にしてください。カジノのアカウントとは別にコンプの登録をする必要があるカジノも多いですので、気をつけてください。

ページトップへ