オンラインカジノのプログラムの信憑性を審査する第三者機関 その2 ( 2009年08月30日 )

オンラインカジノのソフトウェアの審査機関において「eCOGRA」と供に有名なのが「TST」(Technical Systems Testing)です。

「TST」が「eCOGRA」と大きく異なるのは、オンラインカジノに加えてランドベースカジノ(ラスベガスなどの実際のカジノ)のスロットマシンやロトくじの公正さを審査している点です。

1993年にカナダで設立以来、ロンドンやマカオにも審査研究所を設けており、いまではギャンブル系のRNG審査機関としては最大手として認識されています。

下の画像はインペリアルカジノのカジノソフトウェアに対して「TST」が発行した証明書。2008年11月に行われた4回目の審査結果が表記されています。オンラインカジノの中には最初の検査をパスしたらそれっきりのカジノもあるので、インペリアルカジノのように定期的にプログラムの審査を行うカジノは信頼できますね。



初心者に限らず、カジノを選択する際には、ソフトウェア審査やカジノライセンスに関する情報が公開されているかを確認してみましょう。カジノサイトで公開されている各種の情報は、そのカジノが信頼できるかどうかを判断する際の重要な基準のひとつです。

もちろん「オンランカジノファン」で推薦しているカジノは、多くの情報がプレイヤーに公開されている信頼性の高いカジノばかりです。2009年8月の時点で24のカジノを「格付け済みカジノ」として推奨しています。

「格付け済みカジノ」




コメント

「 オンラインカジノのプログラムの信憑性を審査する第三者機関 その2 」へのコメントはまだありません。

「 オンラインカジノのプログラムの信憑性を審査する第三者機関 その2 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ