ローマ字のつづり方 オンラインカジノ等登録用

オンラインカジノ、オンラインポーカー、またはNETELLERClick2Payなどの代替決済会社で自分のアカウント(口座)を開設する場合、名前と住所の入力はローマ字で行うことがほとんどです。

適当に登録してしまうと、パスポート等の本人確認書類との照合のときに、別人だと認識されてしまうことになります。そうなると、登録がうまくいかなかったり、最悪の場合は支払いを拒否される例もあります。

ですから、ローマ字を正しくつづることは、とても大切なことです。

基本的にはパスポートで使われるヘボン式で記載すれば問題ありません。ヘボン式の綴りは以下のようになっています。

A I U E O
KA KI KU KE KO
SA SHI SU SE SO
TA CHI TSU TE TO
NA NI NU NE NO
HA HI FU HE HO
MA MI MU ME MO
YA I YU E YO
RA RI RU RE RO
WA I U E O
       
N(M)
GA GI GU GE GO
ZA JI ZU ZE ZO
DA JI ZU DE DO
BA BI BU BE BO
PA PI PU PE PO
きゃ   きゅ   きょ
KYA KYU KYO
しゃ   しゅ   しょ
SHA SHU SHO
ちゃ   ちゅ   ちょ
CHA CHU CHO
にゃ   にゅ   にょ
NYA NYU NYO
ひゃ   ひゅ   ひょ
HYA HYU HYO
みゃ   みゅ   みょ
MYA MYU MYO
りゃ   りゅ   りょ
RYA RYU RYO
ぎゃ   ぎゅ   ぎょ
GYA GYU GYO
じゃ   じゅ   じょ
JA JU JO
びゃ   びゅ   びょ
BYA BYU BYO
ぴゃ   ぴゅ   ぴょ
PYA PYU PYO

ただし、パスポートの取得時には、名前の記載について以下のような注意点があります。オンラインカジノ等でも、パスポートと一致させることが重要なので、これに従ってください。

  • 撥音

    「ん」はNと記入するが、B、M、Pの直前の「ん」はMに置き換える。

    例: 難波(なんば)はNAMBA、本間(ほんま)はHOMMA、珍平(ちんぺい)はCHIMPEI

  • 促音

    子音を重ねて記入するが、後がCの場合は重ねずに、かわりに前にTをおく。

    例: 吉川(きっかわ)はKIKKAWA、服部(はっとり)はHATTORI

      ただし、ち(CHI)、ちゃ(CHA)、ちゅ(CHU)、ちょ(CHO)音に限り、その前にTを加える。

    例: 「ほっち」はHOTCHI、「はっちょう」はHATCHO

  • 長音

    長音は原則として記入しない。「うう」はUUでなくU、「おう」「おお」は OUやOOではなくOと記入する。ただし、姓又は名の末尾の「おお」はOOと記入する。

    例: 「おおの」はONO、「せのお」はSENOO、「こうの」はKONO、「ようこ」はYOKO、「こうら(甲良」はKORA、「こうら(小浦)」はKOURA、「うりゅう」はURYU、「ゆうこ」はYUKO
関連記事 住所の記載の方法

ページトップへ