セガの「オンラインカジノ」登場 ( 2006年12月24日 )

SEGA(セガ)が、SEGA NETWORK CASINO CLUB(セガネットワークカジノクラブ)という名前の新しいカジノシステムの実地テストを開始しました。

SNC セガネットワークカジノクラブ
http://www.sega-snc.net/

「オンラインを通じて全国のプレイヤーと対戦が可能なネットワーク対戦メダルゲーム」だということで、オンラインのカジノゲームです。お金ではなくメダルを賭けるものです。

ゲームは、7カードスタッドポーカーとブラックジャックの二種類です。

「7カードスタッドポーカー」は、カードの交換が無いかわりに全員に、3枚のクローズカード(相手に見えない状態)と4枚のオープンカードが配られ、この中からベストの5枚を使っての手役を競うゲームです。ゲームに使用しているトランプは1組なので、オープンカードから、他のプレイヤーの手を予想するなど、対人戦ならではの駆け引きが楽しめます。
「ブラックジャック」は、対ディーラーではなく、プレイヤー同士で対戦します。21に一番近いプレイヤーが勝利となります。

アメリカ等のランドカジノでも、本物のルーレットテーブルやブラックジャックテーブルに混ざって、こういう感じのマシン型テーブルゲームが増えているようです。

日本でカジノが解禁されると、こういうオンラインシステムでも遊べるようになるのでしょうか?

天下のセガですから、カジノゲームもかなりのものに仕上がっているはずです。さっそくSNCの設置店に足を運んでみようと思います。

SNC セガネットワークカジノクラブ設置店一覧
http://www.sega-snc.net/location.html



コメント

「 セガの「オンラインカジノ」登場 」へのコメントはまだありません。

「 セガの「オンラインカジノ」登場 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ