ゲームレビュー 「ピンボール」 byゲーム仙人  ( 2011年05月23日 )


ピンボール
コンピューターでゲームができるようになる以前の、ゲームセンターの主役といえばピンボールじゃった。
斜めになった盤面にボールを射出して、いろいろな障害物やギミックに跳ね返ることで得点し、下部ではフリッパーを操作することでボールが落ちることを防ぎ、長く遊技するほど得点が増える。
この得点する時のサウンドと手に伝わる振動が、ピンボールの醍醐味じゃ。
このピンボールの持ち味をスロットで再現しようと試みたのが、インペリアルカジノでプレイできる「ピンボール」じゃ。


特徴 優れた点
5リール9ラインと、最近の機種としては、ライン数が少ない。
小ライン機というと、小当たりもなかなかなく、けっこう我慢のプレイという印象じゃが、このピンボールは、まるで多ライン機のような当たり方で楽しめるん じゃ。
その秘密が、ワイルド絵柄でもある「メガボール」にある。
1、5リール上に、この「メガボール」が出現すると、なんと列すべてが「メガボール」、つまりワイルドに変化するんじゃ。
つまり入賞していなかったはずのラインが、ワイルドによって入賞扱いに変わる。
しかも、案外「メガボール」自体は出現しやすいので、高確率で何らかの役が成立することになる。
さらに、この1列ワイルドによる役の成立は、複数ラインでの当たりを招きやすいので、配当自体も多めになることが多い。
賭け金よりもペイアウトが多くなる傾向にあるわけじゃな。
こりゃ、下手な多ライン機よりも割が良いかもしれん。


ボーナス
この嬉しい「メガボール」がペイライン上で5個出現すれば、念願のジャックポットじゃ。
この「ピンボール」のジャックポットは、固定ジャックポットになっておって、当選すれば1ラインごとに最高で2000倍になるということじゃ。
9ラインすべてにベットしていれば、なんと5000倍!
さらにフリースピン中なら2倍になるので、驚愕の10000倍もあり得るんじゃ。
とはいえ、ジャックポットは、そう滅多に出るもんでもないので、基本的にはフリースピンとボーナスランド待ちということになる。
取り分け、本機の見どころといえば、このボーナスランドじゃろう。
コイン投入口絵柄のスキャッターシンボルが3個以上で、お待ちかねボーナスランドに突入じゃ。
このボーナスラウンドが、まさにピンボールなんじゃ。
画面右下からボールを射出して、左右のフリッパーを操作し、ボールをなるべく長く盤面上に滞在させる。
実際のピンボールと同じように、ボールが得点し続けるほど、ペイアウトも増えるわけじゃ。
獲得賞金をどこまで増やしていけるかは、プレイヤーの腕次第。
どうじゃ、なかなか熱いプレイが期待できるじゃろう。
もちろん、得点の上限は決まっておるので、そこまで得点したら"マックスコイン勝利"、つまり強制終了なんじゃがな。

改善点
なかなか楽しいボーナスラウンドのピンボールじゃが、この"マックスコイン"のせいで、なんか中途半端な印象でゲームを終えることになる。
コインは、マックスでも良いから、最後までプレイさせて欲しいもんじゃ。
確かにピンボールを実際にプレイするボーナスラウンドというのは、斬新でいて、面白いとは思うんじゃが、同じ盤面ばかりというのは、どうも・・・。
もう少し本物のピンボールらしい、作り込みなら、同じ盤面でも楽しみようはあるんじゃが、いかんせん単純過ぎる盤面なので、数回もプレイすれば飽きがくるのは必然。
せっかくじゃから、ピンボール盤も何パターンかは欲しかった。

総評・まとめ
良い点も悪い点も、ボーナスラウンドのピンボールになってしまったわけじゃが、そのくらい本機のピンボール度合いが強いということじゃな。
サウンドもピンボールそのもの、グラフィックも申し分ない。
通常からそこそこのペイアウトを期待できるし、ボーナスラウンドでもそこそこ稼げる。
フリースピンは、回数こそ少なめじゃが、4個以上シンボルが揃ったなら、けっこう熱くなれる。
ペイアウト直後にギャンブルを狙えば、最高256倍までの上乗せも期待できるし、ポーカーハンドも搭載しとる。
なにも、ジャックポットに過度な期待を寄せなくても、展開次第では大勝利だって夢ではない。
ただ、良くも悪くも、ピンボール過ぎるので、ピンボール自体にあまり興味もなく、どちらかと言うと不得意という人にとっては、ボーナスラウンドが試練になるじゃろうから、ちょっとオススメできんな。
ただし、スロットでピンボールを再現しようとした、その結果としては、かなり再現性の高い機種じゃろう。


by ゲーム仙人サイトー



■得点

スペック
ライン 数: 9
リール数: 5
プログレッシブ: なし

評 価項目 各10点
ギャンブル度: 7
ボーナス・演出度: 8
オリジナリティ: 8
グラフィック: 7
プレイの快適さ: 8
総合得点: 38


ランク


詳細情報
タイトル:ピンボール
開発元:グランバーチャル
リリース:2009年

プレイ可能なカジノ


インペリアルカジノの詳細
インペリアルカジノへアクセス
インペリアルカジノ登録方法





このゲームが遊べるところ
FUN88(ファンハチハチ)でOCF限定ボーナスがスタート!
FUN88(ファンハチハチ) 徹底レビューと解説
カジノの秋スタート! ジパングカジノ9月後半のプロモーション

コメント

「 ゲームレビュー 「ピンボール」 byゲーム仙人  」へのコメントはまだありません。

「 ゲームレビュー 「ピンボール」 byゲーム仙人  」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ