ocf 10:43 am

ゲームレビュー 「ゾンビパラダイス」 byゲーム仙人 ( 2011年01月16日 )


ゾンビパラダイス
アニメやゲーム、無論ホラー映画の定番スター、ゾンビを題材にしたスロットじゃな。
死者が生前と同じ姿で動き回り、生きている人間の肉を喰らうゾンビ。
得体の知れないモンスターやゴーストなどに襲われるのも恐怖じゃが、家族や親しい知人に襲われるかもしれないという、究極の恐怖を描いているところが、このゾンビが昔から人気を博している理由のひとつじゃ。
この『ゾンビパラダイス』では、そういう人間のゾンビではなく、農場で飼育していた家畜がゾンビ化して襲ってくるんじゃ。
生活のために飼っていた牛や豚、羊が飼い主に牙をむく。
武器はショットガン一挺と農具だけ。
孤立無援の農場で、果たしてゾンビ家畜の襲撃から身を守ることができるか!?
コミカルじゃが、ちょっと怖いグラフィックと効果音に恐怖をかき立てられながら、ゾンビ家畜を撃退して賞金を増やすんじゃ!

特徴 優れた点
1セント~5ドルの6種類で賭けられる、30ライン5リールのスロット、もちろんジャックポットも搭載。
ジャックポットは、75000ドルのインスタントジャックポットじゃから、プログレッシブジャックポットと比べて当選チャンスも多いわけじゃから、、かなり現実的じゃな。
しかも、この『ゾンビパラダイス』は配当倍率が、ほかのスロットと比べても、なかなか破格の期待を持てる仕様になっとる。
スキャッター以外でも、5枚揃いの絵柄で100倍以上付いてくるのが7種類もあるんじゃ。
なかでも牛、豚、羊絵柄が5枚揃えば、それぞれ500倍以上!
30ライン機じゃから、基本的に微減しながらボーナスラウンドを待つというのが、基本的なプレイスタイルにはなるが、スキャッター以外のシンボルにも注目しながらプレイして欲しい。
ボーナスラウンドだけではなく、通常プレイがかなり熱い機種といえような。

ボーナス
ボーナスは、風向計絵柄3枚以上から突入するフリースピン。
3枚で1倍が5回、4枚で15倍が10回、5枚なら50倍が20回じゃ。
もちろん、フリースピン中に、さらに風向計揃いでフリースピン上乗せのリトリガーが発生する。
ほとんどは風向計3枚揃いでのフリースピンになるじゃろうから、運が悪ければ、ほとんど増えないまま終わるかもしれん。
じゃが、リトリガーと持ち前の通常絵柄からの高配当が絡めば、まさに一発の威力は持ち合わせておるはずじゃ。
フリースピンに突入したら、とにかく何の絵柄でも良いから、できるだけ多くのリールに出現することを祈るのみじゃな。

改善点
ゾンビというホラーな題材を扱っているが、表現としてはコミカル過ぎて、まったく怖くはない。
せっかくじゃから、もう少し怖がらせる演出もあって良かったかもしれんな。
だいたい、タイトルのイメージから人間のゾンビを期待してプレイする人も多いじゃろうから、それが家畜ゾンビというだけで、気が抜けるホラーファンも多いんじゃないかな。
またフリースピンを含め、全体的に演出もあっさり気味で、通常絵柄の高配当がメインみたいな機種じゃから、うっかりするとクレジットが倍増していることにも気がつかんくらいじゃ。
多ライン機じゃから、気をつけてラインに注視しないと、どう当たったのかもわからんままになるわけじゃ。
下手をすると盛り上がる気持ちを持てないままに、勝ったり負けたりすることになるかもしれんな。

総評・まとめ
一見コミカルな台じゃが、その潜在能力はなかなかのもの。
ボーナスを待つまでもなく、展開次第ではモリモリとクレジットが増える可能性だってある。
どの絵柄にも期待を持てるということからすれば、なかなかの破壊力を秘めたスロットと言えるかもしれんな。
ここに上乗せのあるフリースピンが絡めば、まさに終わることのないボーナス連打になるかもしれん。
積み立て式のプログレッシブジャックポットはないが、その代わり低リスクで、それなりの勝負を賭けたい人には、最適なスロットじゃな。

by ゲーム仙人サイトー

■得点

スペック
ライン
数:
15
リール数: 5
プログレッシブ:


価項目
各10点
ギャンブル度: 7
ボーナス・演出度: 6
オリジナリティ: 8
グラフィック: 6
プレイの快適さ: 6
総合得点: 35

ランク

詳細情報
タイトル:ゾンビパラダイス
開発元:グランバーチャル
リリース:2010年

プレイ可能なカジノ




インペリアルカジノの詳細
インペリアルカジノへアクセス