七草がゆの日にオンラインカジノの「7」を考える ( 2008年01月07日 )

1月7日は七草がゆの日です。

はせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろが七草です。正月のごちそうで崩れたからだのバランスを整える役目があるそうです。

7と言えば、世界七不思議とか、七つ道具、それに月火水の七曜、ドレミの七音階などいろいろありますが、オンラインカジノの7を無理矢理考えてみましょう。

まず、七大ソフトウェアです。

プレイテックの登場前の時代は、マイクロゲーミング、クリプトロジック、ボスメディア、RTGを指してBig 4などと言っていたこともありましたが、それも今は昔です。

今七つを選ぶとすると、こんな感じでしょうか。

マイクロゲーミング、プレイテック、クリプトロジック、RTG、ボスメディア、ネットエント、ウェイジャーワークス

では、オンラインカジノの7ゲームとなるとどうでしょうか。

ブラックジャック、バカラ、ルーレット、スロット、ビデオポーカー、クラップス、キノ

こんなことになろうと思います。

七大入出金手段なら、こうなりそうです。

クレジットカード、電信送金、小切手、NETELLER、Click2Pay、Moneybookers、PaySpark(EZiPay)

そして、七大プログレッシブです。

ミリオネアズクラブ、ゴールドラリー、メガムーラー、ビーチライフ、メジャーミリオンズ、キャッシュスプラッシュ、マーベルシリーズのランダムジャックポット

最後に七大情報サイトです。

Casinomeister、Wizad of Odds、Winner Online、Online Casino City、Blackjackinfo、Online-casinos、OGGS

数年後に見直してみると面白いかもしれません。ミリオネアズクラブを吹っ飛ばすような超絶的な機種が出現している気もしますし、圧倒的に優れた決済手段が現れて独占状態になっている可能性もあります。



コメント

「 七草がゆの日にオンラインカジノの「7」を考える 」へのコメントはまだありません。

「 七草がゆの日にオンラインカジノの「7」を考える 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ