ラスベガスで大雪 オンラインは関係なし ( 2008年12月19日 )

ラスベガスで30年ぶりの大雪が降ったそうですね。

【12月19日 AFP】(写真追加)前日におよそ30年ぶりとなる大雪に見舞われた米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で18日、有名な観光名所は雪に覆われ、積雪のため公立の学校は休校となり、マッカラン国際空港(McCarran International Airport)が一時閉鎖された。

18日午前中までには空港と幹線道路は復旧し、天候が回復したため雪も溶け始めた。

積雪は多いところで6インチ(約15センチメートル)、マッカランでの公式記録は、12月としては最も多い3.6インチ(約9センチメートル)。西側に広がる山岳地帯は真っ白に覆われ11インチ(約28センチメートル)の積雪を記録した。(c)AFP

空港閉鎖とはすごい話です。ラスベガスで15cmの積雪というのはちょっと想像できません。

で、オンラインカジノですが当然天候は関係ありません。外で雨や雪が降っていても猛暑でもなんでも、通信回線と電気が生きていれば、いつでも遊べます。

当たり前の話なのですが、この点はパジャマや下着のままで遊べるということと合わせ、オンラインカジノの大きなメリットかもしれません。

関連記事
オンラインカジノの長所と短所



コメント

「 ラスベガスで大雪 オンラインは関係なし 」へのコメントはまだありません。

「 ラスベガスで大雪 オンラインは関係なし 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ