ソフトウェアの説明

オンラインカジノは、現在世界中に1800以上あると言われていますが、そのソフトを開発・提供している会社は限られています。といっても、主なところで100程度あるのですが、そのほとんどはマイナーなものです。

まともなオンラインカジノが使用するソフトは、10程度しかありません。主なものは下のような感じです。それぞれクリックすると、各ソフトウェアの説明とそれぞれのカジノリストが開きます。

マイクロゲーミング (Microgaming)
クリプトロジック (CryptoLogic)
ボスメディア (BossMedia)
リアルタイムゲーミング (Real Time Gaming = RTG)
ウェイジャーワークス (WagerWorks)
ランダムロジック (Random Logic)
グランドバーチャル (Grand Virtual)
ネットエント (NetEnt)
プレイテック (Playtech)

なお、「ソフトウェア」と言っていますが、これらの会社は、ソフトウェアだけではなく、オンラインカジノの運営に関わる決済部分などもあわせて提供していることがほとんどです。



その他のマイナー系

上に掲載した以外にも、メジャーになりきれないながらも健闘しているソフトウェアブランドがあります。こんな感じです。

チャートウェルテクノロジー Chartwell Technology (ユーロベット等)
ドットコムエンターテイメント dot com Entertainment (ウィンワードカジノ等)
パーティーゲーミング Party Gaming (旧iGlobalMedia) (スターラック等)
ベガステクノロジー Vegas Technology (イングリッシュハーバー等)

全部遊んでみないと気がすまないというマニアの方は、自己責任でお願いします。

ビデオポーカークラシックなどのカジノで知られるギャンブリングフェデレーション(Gambling Federation)については、プレイヤーのPCの重要なデータを勝手に改ざんしていた行為が発覚し業界団体IGCからも追放処分を受けたため、このグループのオンラインカジノには物好きでもあまり近づかないほうがいいでしょう。

ページトップへ