カジノへの入金を携帯料金と一緒に払う仕組み ( 2008年08月22日 )

携帯で占いやナビのサービスを買うと月に数百円かかりますが、それはたいていの場合個別に支払うのではなく、携帯電話会社への支払いと一緒になっています。

もし個別にクレジットカード番号や住所を入れないといけなかったら、これほど多くの人が利用するとは思えません。

このような仕組みは、日本だけでなく欧米でも着メロ(Ringtone)を中心に普及しています。

この請求システムが携帯オンラインカジノにも拡大されました。と言っても残念ながら英国での話です。

SPIN3 IS FIRST TO INTEGRATE MOBILE OPERATOR BILLING FOR MOBILE CASINOS

携帯オンラインカジノのワイルドジャックモバイル(Wild Jack Mobile)で、Vodafoneの携帯を使っている人はカジノへの入金分が毎月の携帯料金と一緒に請求される仕組みが導入されました。

同カジノには、従来はデビットカード、NETELLER、Click2pay、Ukashといったオンラインカジノで普通に使われている入金手段しかありませんでした。が、これでかなり入金が簡単になりそうです。

受け取りについては詳細は不明ですが、携帯会社から逆に入金されるという仕組みにはなっていないようです。

このシステムの利点は、vodafoneで加入者の身元確認も年齢確認もしているので、不正や未成年の参加を簡単に防げるということです。

この仕組みはSpin3の他の携帯カジノにも広がる予定ということで、携帯オンラインカジノの普及にはずみがつきそうな感じがします。

PCオンラインカジノ用には900Payという固定電話料金と一緒に請求される仕組みが米国とカナダ向けにありましたが、メリットとしては携帯のほうが大きいかもしれません。

いずれにしても、現在の日本では考えられないことですね。

関連記事
携帯オンラインカジノの可能性 (2008年07月21日)
モバゲーのカジノ「モバカジノ」登場 攻略可能? (2008年04月02日)
Bodogの携帯カジノは日本でもプレイ可能か (2008年02月13日)
iPod touchでオンラインカジノ可能? (2007年09月07日)
ソフトバンクがオンラインギャンブルに参入!? (2005年09月10日)



コメント

「 カジノへの入金を携帯料金と一緒に払う仕組み 」へのコメントはまだありません。

「 カジノへの入金を携帯料金と一緒に払う仕組み 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ