プレミア・リーグ 第19節 大晦日はリーグ屈指の強豪、チェルシーを観る ( 2011年12月28日 )

サッカーオタクによる、ちょっとだけわかりやすい勝利予想、第9回。

今回は、いろんな意味で有名なプレミア屈指のクラブ、チェルシーの試合を取りあげたいと思います。
試合は12/31、 チェルシー-アストンヴィラ。正直なところあまりなじみのない名前だとは思いますが、2011を締めくくるにふさわしいゲームを見せてくれると思います。

スポーツ番組などをご覧になる方でしたら、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
2003年にロシアの富豪、アブラモビッチ氏がチームを買収し、その潤沢な資金で有名選手を次々獲得。クラブの財政問題を解決するとともに、強豪から超強豪へとひっぱりあげました。
なんともわかりやすいチームですが、歴史は長く、過去にはジャンフランコ・ゾラなどが在籍していたことでも有名です。


さてさて、いつものように予想に参るまえに、前回の反省を。

12/21「ボローニャ-ASローマ」戦。
どんぴしゃり、の結果です。予想通りの0-2。言うことなし、というほど完全に的中したわけではありませんし、注目のトッティは出場すらしませんでした が、ぜひ褒めて下さい。
試合の方は、以外とあっさりしたもので、前半に2得点したASローマがそのまま守り切り試合終了。前回は触れませんでしたが、後半23分にバルセロナから移籍した若手の有望株、ボージャン・ケルキックが出場しました。これといった活躍は無かったのですが、21歳の新鋭ですから今後の活躍に期待大です。

どんぴしゃりの予想的中はもしかして「初」でしょうか。今年中に1回あってよかったです。ほっ・・・。


続きまして、こちらが本番。2011年最後の予想に参りたいと思います。

とりあえず恒例チーム紹介。

まずは今回ホームとなる、まだ試合を取りあげていなかったのが不思議なくらいの強豪チーム、チェルシーから。さきほど少し触れましたが、アブラモビッチ氏のチーム買収により、一気に強くなったともいえるチームです。2000年代の最盛期には、あのジョゼ・モウリーニョが監督を務め、リーグ連覇などちょっと異常とも思える成績を収めました。はっきり言いまして、超強いチームです。
チームのキープレイヤーはフランク・ランパード。ピッチのどこにでも現れるスタミナとスピード、高精度のパスとシュートを持つ完璧超人な選手です。怪我は少ないうえにプレーのフェア。試合では主に中央の支配を担当し、好守に走り回るチームの心臓といえる選手ですね。

続いてアウェーのアストンヴィラ。世界最古のサッカーリーグ、フットボールリーグに最初から出場した由緒あるチームです。そのぶん、優勝回数なども若いチームに比べると多いのですが、現在では中の中~上といった順位を行き来する「古豪」ですね。ここ数シーズンは着実に順位を上げていたのですが、昨シーズンはちょいと低迷。復活が期待されるチームです。
注目はスティリアン・ペトロフ。日本人にはなじみの深い、CSKAモスクワやセルティックにも在籍した選手です。ポジションはランパードと同じセンターハーフ。キャプテンとしてチームを引っ張りつつピッチ全体を考えるという大変な仕事をこなすすごい選手です。


さて、それではさっそく予想に参りたいと思います。
今回の予想はこう! 「チェルシー 3-1 アストンヴィラ」です!

ウイリアムヒル現在のオッズは
チェルシー勝利 1.25倍
ドロー 6倍
アストンヴィラ勝利 11倍
チェルシー 3-1 アストンヴィラ 11倍

ウィリアムヒルサッカーオッズページへ

正直なところ、チェルシーに負ける要因が見つかりません。現在4位と上位に比べ負けが多いとはいえ、ここ5試合は3勝2分。ついでにホームゲームでもあります。足元をすくわれるとしたら、連戦の疲れからうまく試合を支配できなかった場合でしょうか。といっても、それもこのチェルシーという成熟したチームからは考えにくいことです。この試合には、順当に普通にチェルシーが勝利するかと思います。

今回の試合の見所は、「あちらこちらに顔をだすランパード」。試合を観ていると、ボールに絡まない場面でもだいたい画面の隅に彼はいます。それくらい走り回る献身的な選手です。今回の試合はそのあたりにも注目してみると面白いかもしれませんよ!

それでは今日はこのあたりで。
はずれても怒らないでね!!





ウィリアムヒルカジノ詳細
ウィリアムヒルカジノのサイト
スポーツブック関連マニュアル
ウィリアムヒルスポーツブック登録方法




コメント

「 プレミア・リーグ 第19節 大晦日はリーグ屈指の強豪、チェルシーを観る 」へのコメントはまだありません。

「 プレミア・リーグ 第19節 大晦日はリーグ屈指の強豪、チェルシーを観る 」についてのコメントをどうぞ。
(コメントのルール)





画像の中に見える文字を入力してください。

ページトップへ